戸部良一(防衛大名誉教授)

 日本の敗戦が濃厚となった大東亜戦争末期、米軍からその戦術を称賛された陸軍将校がいた。

 彼の名を、八原(やはら)博通。沖縄戦で戦った第32軍の高級参謀だ。その沖縄戦にて八原は戦略持久を図る作戦計画を立てるも、大本営による「ばかげた攻撃要求」の結果、自身の計画が一貫して実行されず、その目的を十分に達成することができなかったと自らの手記で批判している。

作戦計画がそのまま実行されていれば、第32軍は相当の戦力を保持したまま終戦を迎えることができただろう。


 もし自らの作戦が実行できたなら、軍人・軍属合わせて約10万人の戦死者と、その戦闘に巻き込まれた沖縄住民の死者約9万人という、悲劇的かつ甚大な被害も少なくとも一部は避けられたのではないかと、八原は言いたかったのだろう。

 南西諸島の防衛を任務とする第32軍は、当初飛行場の建設ぐらいしか期待されていない小規模の兵団だった。しかし1944年7月のサイパン島の失陥以後、フィリピンや台湾とともに沖縄も米軍の上陸攻撃対象の一つと予想されるようになると、決戦のために兵力を大きく増強されることになった。

 これに応じて作戦主任であった八原は、攻勢主義を基本とする次のような作戦計画を立てた。

 米軍は敵前上陸時に必ず海軍による激しい艦砲射撃と空軍による猛爆撃を行うが、第32軍は築城作業によって強化された洞窟陣地にこもって敵の砲爆撃をしのぎ、狭い上陸地区にひしめいて混乱状態にある米軍を、強力な砲兵と充実した歩兵戦力の機動によって叩く。


 これが八原の計画であった。この計画に基づき、第32軍は洞窟陣地の築城と歩兵部隊の機動訓練に全力を注いだ。

 ところが、44年10月に米軍がフィリピンに上陸すると、その危急に対処するため大本営は第32軍に対し、沖縄本島から1個師団抽出を命じる。第32軍はこれに抵抗したが、結局押し切られてしまう。

 さらに大本営は抽出した兵力の補塡(ほてん)に本土から1個師団を派遣すると内示したにもかかわらず、それをすぐ撤回する。輸送中の増援師団が敵の潜水艦や爆撃機に襲われることを危惧したためである。大本営の措置は場当たり主義で、第32軍は不信感をますます強めた。

第32軍の高級参謀を務めた八原博道(Wikimedia Commons)
第32軍の高級参謀を務めた八原博道
(Wikimedia Commons)
 沖縄本島の基幹兵力はそれまで3個師団および1個独立混成旅団だったが、そこから1個師団を引き抜かれたため八原は作戦方針の根本的な転換を図る。従来の計画では米軍の上陸地として3方面を想定し、それぞれ攻勢による決戦を構想していたが、兵力不足によりこの計画は成り立たなくなった。

 八原は沖縄本島の南部、島尻地区に主力を置き、この地区の海岸に米軍が上陸すれば、これまで通り攻勢作戦によって決戦を行うことを想定した。だが、もしその北の中頭(なかがみ)地区の嘉手納に敵が上陸した場合攻勢の成功を期しにくいため、首里を中心とする南部に築いた堅固な要塞地帯に立てこもって戦う戦略持久に転換したのである。

 そして45年4月1日、ついに米軍は嘉手納に上陸する。しかし第32軍は動かなかった。

 八原は大本営が本土決戦の方針を示したころから、米軍との「決戦」よりも「戦略持久」を望んでいたようだ。米上陸部隊は海軍と空軍の支援を受け、強力な戦力を有しており、たとえ戦っても勝ち目はなかった。

 そのため決戦を挑んで敗北を早めるよりも、できるだけ長く沖縄で米軍に対し多くの出血を強要し、本土決戦準備の時間稼ぎをしようと考えたのであった。その点で、敵の嘉手納上陸は八原の思うつぼであった。