だが、動かない第32軍に対して、大本営と上級司令部である台湾の第10方面軍は攻撃を督促する。対立の焦点となったのは、中頭地区の2つの飛行場であった。大本営としては、沖縄で特攻を主体とした大規模な航空作戦を展開しようとし、そのため二つの飛行場確保を重視した。

 一方、八原にとっては戦略持久を徹底させるため、二つの飛行場を放棄することもやむを得なかった。そして案の定、米軍の上陸後まもなく飛行場は敵の手に落ちてしまった。

 大本営と第10方面軍は、第32軍に対して再三にわたって飛行場奪回を要請したが、それは八原からすれば戦略持久の意味を理解していないに等しかった。しかし、戦地から遠く離れた東京では、昭和天皇さえも「現地軍ハ何故攻勢ニ出ヌカ」と疑念を表明した。

 「攻勢に出ないのは、消極的で臆病だ」との非難に耐えられなくなった第32軍司令部は、八原の反対を押し切り、4月8日を期して飛行場奪回のために攻勢に出ることを決めた。ところが、その直後に新たな米軍船団の接近が伝えられ、主力陣地の側背を脅かされる危険性が生まれたため、攻勢作戦は中止となった。この攻勢作戦の中止により、第32軍は再度腰抜けだと言わんばかりの批判を受けることになる。

 なお、第32軍参謀長であった長(ちょう)勇中将は、少佐時代に陸軍の未発のクーデター計画である十月事件へ関与するなど、乱暴かつ豪快な軍人として有名であった。第32軍の攻勢中止を聞いた参謀本部作戦部長の宮崎周一中将は、長について次のように日誌に書いている。

長中将モ真ニ攻撃精神旺盛ナル軍人トハ申シ難シ、余リ口ニ強キハ実ハ必スシモ然ラストノ原理ヲ実証ス。


 長は八原の反対を排して、4月12日に夜戦攻撃を試みた。攻撃は失敗したが、中止の決断が早かったため損害は大事に至らなかった。その後、首里城の洞窟陣地に司令部を置いた第32軍は戦略持久に徹し、敵の攻撃に抗しつつ主力を保持したまま1カ月も持ちこたえた。

 八原は戦略持久という戦術に自信を持ち始めていた。しかし、軍司令部では、司令官である牛島満中将や長参謀長をはじめ、八原以外の参謀たちの大半が再び攻勢に傾いていった。

 そもそも、戦略持久では米軍には勝てなかった。いずれは負けることが明らかだった。そのため司令部内では「どうせやられるなら力のあるうちに攻撃に出よう。このまま消極受動に立って、敗北と死を待つのは耐え切れぬ」という心理が膨らんでくることは避けられなかった。八原が主張する「攻勢はたとえ一時的・局部的な勝利を得られるとしても、結果的には敗北を早めるだけだ」という考えは受け入れられなかった。
沖縄戦で日本のトーチカを攻撃する米軍
沖縄戦で日本のトーチカを攻撃する米軍
 八原は日本軍の将校について、次のように述べている。

高級将校:感情的・衝動的勇気はあるが、冷静な打算や意志力に欠ける
幕僚:    主観が勝って、客観が弱い。戦術が形式的技巧に走って、本質を逸する。
     技巧は良いがデザインは下手。
     感情に走って大局を逸し、本来の目的や本質を忘れる。


 まさに、彼の体験に基づく述懐と言えよう。

 そして5月4日早朝、第32軍は攻撃を開始する。だが八原の予想通り、作戦は失敗に終わり、翌日夜には中止となった。やがて首里の戦線は崩壊し、戦力を大きく減らした第32軍は5月下旬に喜屋武(きゃん)半島を目指して後退する。巻き込まれた住民の被害が急増するのはこのころからである。