そのころ、航空参謀の神(じん)直道少佐が連絡のため大本営に派遣されることになった。東京に戻った神の報告では、八原について次のように記されている。

軍参謀長ト参謀間ニ作戦思想ノ不一致 消極的性格ノ暴露 八原ノ不忠 一切ハ智ニアラス人格ナリ


 もちろん、長と八原との間に作戦思想の食い違いが見られたことは事実である。だが八原は、参謀長の意見に基づいて司令官が攻勢作戦を決断したとき、それに反対でも(その不満を顔に出すことはあっても)決定には従った。

 神が報告した「不忠」というのは中傷に近いであろう。八原は軍司令官や参謀長の判断の誤りに批判の目を向けることはあっても、牛島や長の人間性、2人の軍人としての姿勢に対する敬意は変わらなかった。

 彼は自分の戦略判断に強い自信を持ち、論理を突き詰めて作戦計画を立てた。それを「智」が勝っているというならば、そうだったかもしれない。だが、たとえ人格者ではなかったにしても、彼の人格に欠陥があって、それが「消極的」な戦略持久につながったというのは不当と言うべきである。

 しかし、戦略持久が消極的であるという見方は、大本営の中に浸透していた。『大本営陸軍部戦争指導班 機密戦争日誌』によると、5月末、戦争指導を担当していた参謀本部第12課は第10方面軍の状況報告を聞いて「兵力温存絶対持久主義」が沖縄作戦を害したと批判し、それが本土作戦をむしばみつつあると憂慮している。ついぞ、八原の戦略持久は理解されなかったのである。

 そして6月23日早朝、牛島と長の自決をもって第32軍の組織的な軍事行動は終わる。八原は2人の自決を見届けた後、事前の命令に基づいて沖縄戦の実態を報告し、本土決戦に参加するため東京を目指した。しかし、彼は沖縄を離れる前に米軍に捕まり捕虜となる。当時42歳であった。
沖縄の慶良間諸島阿嘉島海岸に初めて掲げられた星条旗=1945年3月
沖縄の慶良間諸島阿嘉島海岸に初めて掲げられた星条旗=1945年3月
 八原によれば、沖縄の戦いは「決戦か持久か」という点で、作戦目的が「混迷」したとされる。大本営は航空決戦を言うばかりで、それが成り立たない場合、どのように地上戦を戦うかを明示しなかった。

 さらに、事前に通知されたはずの第32軍の作戦計画について諾否を言わず、作戦方針を協議しようともしなかった。連絡あるいは協議のために現地沖縄に誰も送り込んではこなかった。攻勢を要請しながら、援軍を送ろうともしなかった。大本営としては、送れば途中で海没することを恐れたためである。

 英国の軍事史家、H・P・ウィルモットは「沖縄における日本軍の損害は敵に与えた損害と釣り合わず、損害に見合う時間を稼ぐこともできなかった」と論じつつも、次のような点を指摘している。

 5月4日の「思慮に欠ける攻勢」を除けば、第32軍は戦いを長引かせ米軍にできるかぎりの出血を強いるため防御戦闘に徹した。島尻地区の日本軍の拠点が除去されるまで、米軍は沖縄の飛行場の安全を確保できなかったので、空母艦隊を沖縄海域にとどめなければならなかった。そのため、日本軍特攻機の絶え間ない攻撃に曝(さら)されることになった。


 八原の戦略持久は、大本営の無理解と現場無視の干渉にもかかわらず、少なくとも一部はその目的が達成されたと見るべきだろう。

 沖縄戦、そして戦後から75年がたった今、八原が残した教訓からわれわれは何を学ぶべきであろうか。