2020年08月14日 13:08 公開

イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が国交正常化に合意した。イスラエルはヨルダン川西岸の一部の併合計画を凍結する。ドナルド・トランプ米大統領が13日発表した。

仲介役を果たしたトランプ氏は声明で、関係国が合意を「歴史的」と呼び、和平に向けた画期的な前進だと評価していると述べた。

イスラエルが湾岸地域のアラブ諸国と外交関係を持つのは初めてとなる。イスラエルは1948年の建国後、アラブ諸国では隣国のエジプトとヨルダンとだけ平和条約を結んでいる。

<関連記事>

イスラエルとUAEは、イランをめぐって懸念を共有し、非公式に接触していた。

一方、パレスチナのリーダーらは驚きを示していると報じられている。自治政府のマフムード・アッバス議長の広報官は、合意は「裏切り」だとし、UAEにいるパレスチナ大使を帰国させると述べた。

合意の内容

今後数週間以内に、両国の代表団が合意文書に署名する予定。投資、観光、航空直行便、安全保障、通信、テクノロジー、エネルギー、医療、文化、環境、大使館の設置などで協力関係を築く。

この日発表された共同声明では、「中東で最もダイナミックな社会と発展した経済を持つ2国が、経済成長を促し、技術革新を進め、人と人の関係を強化することで、地域を変革する」とした。

またイスラエルは、トランプ氏の中東和平案で「規定された地域について、主権を宣言することを停止する」とした。

トランプ氏は1月に示した「平和のためのビジョン」で、ヨルダン川西岸のイスラエル入植地におけるイスラエルの主権を認めると表明。パレスチナはこれを国際法違反として強く反発していた。


西岸の併合は「延期」

合意はイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と、UAEのムハンマド・アル・ナヒヤーン皇太子の間で実現した。トランプ氏はホワイトハウスの執務室で記者団に、「まさに歴史的な瞬間だ」と述べた。

「氷が解けた今、さらに多くのアラブとイスラム教の国がアラブ首長国連邦に続くことを期待している」

トランプ氏はまた、数週間以内に合意文書の署名式がホワイトハウスで開かれると話した。

これに先立ち、ネタニヤフ首相はトランプ氏のツイッターによる発表に応え、「歴史的な日だ」とヘブライ語で投稿した。

ネタニヤフ首相はテレビ演説で、ヨルダン川西岸の一部を正式にイスラエルに併合する計画を「延期する」と表明。ただ、「信念をもって取り組んでいる。それは変わっていない」とし、計画は残り続けると述べた。

また、UAEとは新型コロナウイルスのワクチン開発やエネルギー、水、環境保護など多くの分野で協力していくと語った。

併合は「中止」

UAEのアンワル・ガーガシュ外相は、同国がイスラエルを国家と認めたことについて、ヨルダン川西岸の併合という「時限爆弾」を止めるための「非常に大胆な一歩だ」と述べた。また、「併合は中止であり停止ではない」とした。

パレスチナの反発に関しては、「いつもの雑音」と表現。「我々は今回のことで悩んだ」が、最終的には「やろう」と決めたと話した。

この日の共同声明では、イスラエルは「アラブとイスラム教世界の他の国々との協力拡大に努める」とし、アメリカとUAEはこれを実現するために連携するとした。

さらに、UAEとイスラエルはアメリカと共に、「中東の戦略的アジェンダ」を打ち出し、地域の安定と経済的統合、安全保障上の緊密な連携などに取り組むとした。

トランプ氏の得点に

アナリストらは今回の合意について、11月の大統領選挙で再選を目指しているトランプ氏にとって、外交政策の大きな成功を意味するとみている。同時に、汚職疑惑の裁判を抱えているネタニヤフ首相にとっても、支持回復につながるとしている。

ただ、イスラエルでは、ヨルダン川西岸の併合を求める右派の一部から合意への強い反発が出ている。

トランプ氏もネタニヤフ氏も、新型ウイルスへの対応をめぐり支持率を落としている。

UAEのユセフ・アル・オタイバ駐米大使は合意について、「外交と湾岸アラブ地域にとっての勝利」、「アラブ・イスラエル関係の緊張を弱め、前向きな変化のための新たなエネルギーを生み出す意義ある前進」と述べた。

トランプ氏の上級顧問ジャレッド・クシュナー氏は、イスラエルは今後、アメリカへの相談なしに併合を進めることはないとの見通しを表明。イスラエルとUAEは「すぐにも」交流を始めるだろうとした。

イスラエルはエジプトと1979年、ヨルダンと1994年に、それぞれ平和条約を結んだ。モーリタニアとも1999年に国交を持ったが、2009年に凍結した。

他国の反応

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、「ヨルダン川西岸で併合が進まないことを心から望んでいた。計画を停止するとした今日の合意は、中東のさらなる平和に向けた歓迎すべき前進だ」と述べた。

エジプトのアブドル・ファッター・アル・シーシ大統領も合意を歓迎。ヨルダンのアイマン・サファディ外相は、停滞している平和交渉の前進につながるとの見方を示した。

一方、イラン革命防衛隊とつながりのある同国タスニム通信は、合意を「恥ずべき」ものと批判。ガザ地区の軍事組織ハマスも、「人々を後ろから刺すもの」と非難した。

BBCのジョナサン・マーカス防衛外交担当編集委員は、合意は重要な前進だが、約束されたことが実現するのか、他の湾岸諸国が後に続くのかが問題だと指摘。

合意の内容を満たさなかったり、反対にそれを超えるものをもたらしたりする可能性があるが、再び蚊帳の外に置かれたパレスチナにとっては、不満を高めるものとなったと解説した。

(英語記事 Israel and UAE strike historic peace deal