2020年08月19日 18:06 公開

大西洋で過去最大規模の海洋汚染調査が行われ、水深200メートル以内に合わせて最大2100万トンものマイクロプラスチックが浮いていることが明らかになった。

調査では、ろ過装置を使って海中のマイクロプラスチックを採取し、コンピュータによるモデリングで総量を計算した。