2020年08月20日 19:43 公開

11月3日の米大統領選に向けた野党・民主党の全国党大会3日目となった19日、カマラ・ハリス上院議員(カリフォルニア州選出)が副大統領候補の指名を受諾した。

アメリカの主要政党から初めて有色人種の女性として副大統領候補になったハリス氏や、バラク・オバマ前大統領をはじめ民主党の複数の重鎮は相次ぎ、ドナルド・トランプ米大統領を鋭く批判し、アメリカの民主主義に対する危機感を示した。