2020年08月21日 16:57 公開

イギリスでの調査によると、若者の4人に1人が、ソーシャルメディア上で薬物取引の広告を見たことがあるという。

警察は、SNS各社にはこうした広告やサービス内での薬物取引を取り締まる義務があると話す。

BBCは実際にSNSアカウントを作成し、取引を持ちかけてきた売人に突撃取材した。