2020年08月25日 15:12 公開

米大統領選に向けた共和党の全国大会が24日、ノースカロライナ州シャーロットで始まり、ドナルド・トランプ大統領を同党の大統領候補に正式指名した。トランプ氏は初日から登壇し、野党・民主党が選挙を「盗む」恐れがあると警告した。

トランプ氏は会場の代議員らに、「民主党は(新型ウイルスの感染症)COVIDを使って米国民をだまそうとしている」と語った。

また、郵便投票は不正につながると重ねて主張した。

世論調査では、トランプ氏は現在、民主党の大統領候補ジョー・バイデン前副大統領にリードされている。

異例の初日演説

新型ウイルスの影響で規模が大幅に縮小された全国大会で、トランプ氏は、「この選挙を我々から奪い去る唯一の方法は不正だ」、「我々は勝利する」と訴えた。

トランプ氏は2016年の大統領選でも、世論調査で民主党ヒラリー・クリントン候補に対して劣勢が続くなか、選挙での「不正」を警告していた。

トランプ氏は27日に指名受諾の演説をする予定。大統領候補に指名された候補者が、受諾演説の前に演説をするのは異例だ。


会場の支持者らはトランプ氏の発言に歓声を上げ、「もう4年!」と唱えた。

トランプ氏は、「彼らを本当に怒らせたいなら、もう12年と言おう」と呼びかけた。米憲法修正第22条(1951年制定)では、大統領の任期は2期8年までとされている。

バイデン政権は「ホラー映画」

共和党はこの夜の全国大会について、「約束の地」がテーマだと説明。先週の民主党の全国大会より「ネガティヴ」なものにはしないとしていた。

しかし、演説した共和党員の多くが、バイデン氏が大統領になるとどうなるかについて、破滅を暗示するようなトーンで語った。

トランプ氏を強く支持するマット・ゲイツ下院議員(フロリダ州)は、民主党政権になれば「ホラー映画だ」と述べた。

「彼らはあなたから武器を取り上げ、刑務所のすべての囚人を釈放し、あなたを家に閉じ込め、MS-13(中米移民のギャング集団)を隣に住ませることになる」

トランプ氏の長男も登壇

保守系の学生団体「ターニング・ポイントUSA」を運営するチャーリー・カーク氏(26)は、「トランプは私たちの家族、愛する人を、私たちの暮らしや地域、学校、教会、価値観を破壊したいと願っている復讐心に燃えた集団から守るために選ばれた」と語った。

トランプ氏の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏は、バイデン氏について、「基本的に、ネス湖の怪獣だ」と述べた。

国連大使やサウスカロライナ州知事を務めたニッキー・ヘイリー氏は、インド系アメリカ人として南部で成長した子ども時代、差別に直面したと述懐。

「黒と白の世界で、私は茶色だった」と述べ、「アメリカは人種差別国家」という見方を否定した。

黒人票を意識

民主党の重要な支持層となっているアフリカ系アメリカ人を引き付けようと、この夜の大会ではアフリカ系の支持者らがトランプ氏を称賛した。

共和党で唯一の黒人上院議員ティム・スコット氏(サウスカロライナ州)は、自らの祖父について、綿花畑で働くために学校をやめさせられたが孫が議員になるのを見届けるまで長生きしたと説明。

「私たちの家族は、1人の一生のうちに綿花畑から議会にまで行った」と代議員に語った。


アメリカンフットボールの元スター選手で黒人のハーシェル・ウォーカー氏は、「ドナルドの悪口を聞くと胸が痛む。最もひどいのは『人種差別主義者』というものだ」、「私が37年にわたって人種差別主義者と友人だと言っているもので、私に対する侮辱だ」と述べた。

民主党のヴァーノン・ジョーンズ下院議員(ジョージア州)は、同党が黒人票を当然視していると非難した。

「民主党は黒人に、長年入れてきた精神的なプランテーションから出てほしくないと思っている」と、奴隷制を想起させる言葉で語った。

メリーランド州ボルティモア選挙区の共和党下院議員候補で黒人のキム・クレイシック氏は、バイデン氏が黒人について、「自分で考えられず、肌の色が政治姿勢を決める」と信じていると批判した。

(英語記事 Trump seeks to cast doubt on election integrity