2020年08月25日 17:34 公開

24日に始まった米共和党大会で、多くのアフリカ系アメリカ人が、ドナルド・トランプ大統領は人種差別主義者だという野党・民主党の主張に反発した。

登壇者はトランプ氏の刑事司法改革や、新型コロナウイルス流行前に黒人の失業率が記録的な低さに達したことを称賛した。

反差別を訴えた一連の抗議活動には触れなかった一方、民主党の数々の失策を非難し、黒人有権者にトランプ氏を支持するよう訴えた。

世論調査では、黒人有権者の10人に9人が、民主党のジョー・バイデン候補を支持すると答えている。

ただ、トランプ氏の黒人からの支持率は、2016年の前回の大統領選挙よりも伸びているという。