2020年09月08日 12:20 公開

新型コロナウイルスの感染者数が620万人を超えたアメリカで、今年はアフリカ系アメリカ人の死因のうち、すでに新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」が3位になっている。

アメリカで感染被害の規模に人種の偏りがあり、特にアフリカ系アメリカ人の間の被害が深刻だということは今年4月の時点で指摘されていたが、いったいなぜそこまで差が出るのか。統計をひもといてみる。

(ビデオ製作:ハナ・ロング=ヒギンズ、ダン・ライトウィン)