2020年09月18日 14:34 公開

テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみ選手(22)が、今月27日に開幕する全仏オープンを欠場する。ツイッターで18日(日本時間)発表した。

大坂は選手ツイッターに投稿した声明で、「残念ながら今年のフレンチオープンの出場を断念することにしました」と日本語で表明。

「(全米と全仏の)2つの大会の日程が近いため、体をクレイコート(に)向けて整える時間が足りないと判断しました」と説明した。

英語の声明では、ハムストリング(太もも裏の筋肉)に痛みが残っているとした。

<関連記事>

大坂選手は12日(日本時間13日)、米ニューヨークであった全米オープンの決勝に、左太ももにテーピングをして臨んだ。ヴィクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に1-6、6-3、6-3で逆転勝ちし、2018年に続いて2度目の全米オープン優勝を果たした

4大大会(グランドスラム)の制覇は、2019年全豪オープンも加え、これで3度目となった。

世界ランキング3位に上昇した大坂は、パリのローラン・ギャロスで開催される全仏オープンでは、3回戦進出が最高成績。

(英語記事 Injured Osaka out of French Open