2020年10月04日 11:33 公開

新型コロナウイルスの感染が判明したドナルド・トランプ米大統領(74)の医師団は3日、大統領の入院先の病院での状態について、「非常に良好」だと述べた。しかし、その説明を疑問視する声が側近からも出ている。

医師団のショーン・コンリー医師は記者会見で、大統領は酸素補給を受けておらず、直近の24時間は発熱もないと説明した。

しかし、その後まもなく、マーク・メドウズ大統領主席補佐官は、医師団と食い違う見解を記者団に示した。

メドウズ氏は、血圧や心拍数など体調を示す数値が過去24時間「とても心配」な状況だとし、今後48時間が非常に重要だと述べた。

ホワイトハウスによると、トランプ氏は首都ワシントン近郊のウォルター・リード米軍医療センターに「数日間」入院する予定。コンリー医師はトランプ氏の容体について、「警戒しながらも楽観している」としたが、退院の日程は示さなかった。

高齢で肥満のトランプ氏は、新型ウイルス感染症COVID-19のハイリスク患者に分類される。現在、実験的治療薬を混合した注射と、抗ウイルス薬レムデシビルによる治療を受けている。


トランプ氏は3日、ツイッターに、「医師、看護師、素晴らしいウォルター・リード医療センターのみんな、同じように見事な機関から集まった他の人々は驚異的だ(中略)それらの人々に支えられ、とても調子がいい!」と投稿した。

トランプ氏は2日、新型ウイルスへの感染をツイッターで明らかにし同日入院した。11月3日の大統領選挙に向けた同氏の選挙運動は深刻な影響を受けている。大統領選前に、欠員が出た連邦最高裁に保守派の裁判官を送り込むトランプ氏の企ても、先行きが不透明となった。

医師団の説明

コンリー医師はこの日朝の記者会見で、トランプ氏がこれまでに酸素補給を受けたか繰り返し質問された。しかし説明を拒否し、「現時点と、昨日私たち医師団全員と一緒にいた時には、酸素補給は受けていない」と述べた。

いくつかの米メディアは会見後ほどなくして、トランプ氏が医療センターへの移動を決める前の2日、ホワイトハウスで酸素補給を受けていたと報じた。同氏が呼吸困難になったのかは不明。


コンリー医師はまた、トランプ氏の症状について、軽いせきと鼻づまりなどがあるが、「解消され改善している」と説明。「今のところ医師団と私は、大統領の体調の向上を非常に喜ばしく思っている」と付け加えた。

会見でコンリー医師は、トランプ氏の感染が判明してから「72時間」がたったと発言。波紋が広がった。これが正しい場合、トランプ氏は感染を自覚しながら、大規模な選挙集会2つに参加した可能性がある。

会見後にホワイトハウスが出した声明で、コンリー医師は72時間と言ったのは「3日目」の意味だったと釈明。大統領が最初にCOVID-19と診断されたのは1日夕だったとした。


トランプ氏と共に感染が判明し、ホワイトハウスで隔離状態に入っているメラニア・トランプ大統領夫人については、コンリー医師は「とても良好だ」と述べた。

医師団のショーン・ドゥーリー医師は、トランプ氏が「今日ここから歩いて出られそうな気分だ」と述べたと紹介。同氏の状態について、「並外れて気力が充実している」と表現した。

BBCのアンソニー・ザーカー北米担当記者は、この日の医師団の会見はアメリカ国民を安心させる目的だったが、政府がトランプ氏の感染を隠していた可能性を示し、逆の効果を生んだと解説。トランプ氏の容体は単なる健康問題ではなく世界中の安全保障問題だとし、政府は明確な情報提供をする必要があるとした。

感染が判明した人たち

コンリー医師は会見で、トランプ氏の感染経路に関する質問には答えなかった。

ホワイトハウスの中庭ローズ・ガーデンでは先週、欠員が出た連邦最高裁判所の判事について、トランプ氏が保守派のエイミー・コーニー・バレット氏を指名する発表が行われた。多数が出席したこの集まりについては、感染に絡んで綿密な調査が進められている。

これまでに大統領夫妻のほか、この発表の場にいた6人の感染が判明している。3日には、トランプ選挙陣営の顧問で前ニュージャージー州知事のクリス・クリスティ氏ーが検査で陽性とわかった。

その前には、最初に症状を示したとされるホープ・ヒックス大統領顧問、ビル・ステピエン選挙対策本部長、ケリーアン・コンウェイ元大統領上級顧問の感染が判明した。


一方、共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は、上院の審議を今月19日以降に延期すると述べた。ただし、最高裁判事へのバレット氏の指名を検討する司法委員会は除外するとした。

マコネル氏は3日、ツイッターで、大統領と電話で話したと報告。「元気な様子だった。調子がいいと話していた」と述べた。

米政府では現在、トランプ氏が大統領の職権を持ち続けている。同氏の体調が悪化し、職務履行が不可能になった場合に権限を引き継ぐマイク・ペンス副大統領は、検査で陰性の結果が出ている。

大統領が公の場に最後に姿を見せたのは2日夕だった。ウォルター・リード米軍医療センターにヘリコプターで向かう際に、記者団に手を振り、親指を立てて見せた。ただ、言葉は発しなかった。

(英語記事 Trump doctors' account in dispute