2020年10月08日 12:13 公開

イタリアは7日、新型コロナウイルス流行を抑えるため、屋外でのマスク着用を全国で義務づけると発表した。

この対策により、イタリア国民は自宅以外のすべての場所でマスクを着けなくてはならない。

イタリアの新型ウイルス感染症COVID-19の患者数は、多くの欧州諸国と比べるとかなり少ない。しかし、感染者は着実に増加し続けている。

ジュゼッペ・コンテ首相は、経済に大打撃を及ぼすロックダウンの再実施を避けるため、厳しい対策が必要だと訴えた。

「今後は自宅を出る時、マスクなどの防護用具を持参し、着用しなくてはならない。周囲に誰もいない状況が続く場合を除いて、それらを着ける必要がある」

商店、事務所、公共交通機関のほか、バーやレストランでも着席していない時は、マスク着用が義務となる。

こうした対策は、ローマなど感染が拡大しているイタリア国内の一部で、すでに実施されている。今回の措置は、それを全国に広げる。

イタリアは今年初め、ヨーロッパで最初に深刻な感染拡大に見舞われた際に、世界的にもかなり厳格なロックダウンを実施した。

ここ数カ月は、他の欧州諸国より感染の抑制に成功している。しかし保健省によると、直近24時間に感染が確認されたのは3678人に上り、4月24日以降で初めて3000人を超えた。

チェコが新規感染最多に

イタリアは7日、イギリス、オランダ、ベルギー、チェコからの渡航者全員に新型ウイルス検査を義務付けると発表した。欧州諸国からの感染者の入国を防ぐのが狙い。

このほかヨーロッパでは、次の動きがみられる。

  • チェコの過去2週間における10万人あたりの新規感染者数が、スペインを抜いて欧州連合(EU)加盟国で最多となった
  • オランダで過去24時間に約5000人の感染が確認され、過去最多を更新した
  • イギリス・スコットランド中部(グラスゴー、エディンバラなど)のすべてのパブとレストランが9日から閉鎖される。同国イングランドも同様の措置を一部で実施することを検討している
  • ベルギーの首都ブリュッセルですべてのバーとカフェが1カ月間閉鎖される
  • フランス・パリでは、病院の集中治療室のベッドの4割以上がCOVID-19患者で埋まっている
  • ポーランドウクライナなどヨーロッパの他の数カ国でも1日あたりの感染者数が過去最多となっている

(英語記事 Masks made mandatory outdoors across Italy