2020年10月14日 11:31 公開

新型コロナウイルスの感染者が急増するヨーロッパで、各国が感染防止策を強化している。チェコでは14日から3週間の部分的なロックダウンが敷かれ、学校やバー、クラブが閉鎖される。

チェコでは10万人あたりの新規感染者数がこれまでで最多となるなど、感染が拡大している。レストランは閉鎖され、公共の場での飲酒は禁止となる。

オランダでも部分的なロックダウンが発表され、公共の屋内空間でのマスク着用が義務化された。

こうした中、欧州の多くの国で入院患者数が再び急増している。

フランス・パリ市内の病院では、来週末までに集中治療室の病床の90%が埋まる可能性があると、パリ公立病院連合(APHP)トップのマルタン・ヒルシュ氏は警告した。

エマニュエル・マクロン仏大統領は14日にも、テレビ演説でさらなる制限を発表するとみられる。パリなど感染のホットスポットと考えられている都市で、夜間外出禁止令が出される可能性があると地元メディアが伝えている。

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は先に、欧州の状況を「大きな懸念を持って注視している」、「深刻な状態が続いていると言わざるを得ない」と述べた。

<関連記事>

チェコの発表内容

学校やバー、クラブは11月3日まで閉鎖される。レストランの営業は20時までに短縮され、デリバリーとテイクアウトでの提供となる。

大学の寮も一時的に閉鎖され、すべての授業がオンラインに切り替わる。幼稚園の運営はそのまま続き、必要不可欠な仕事に就く親を持つ子どもたちへの特別規定が設けられる。

すでに店舗や公共交通機関で着用されているマスクについては、トラム(路面電車)の停留所や列車のプラットフォームでも着用が求められる。また、集会の人数は屋内外を問わず最大6人となる。

チェコでは初めて感染者が確認された3月1日以降、1106人が死亡している(米ジョンズ・ホプキンス大学の集計、日本時間14日午前)。9日には、1日の新規感染者数が過去最多の52人となったと、地元メディアCeske Novinyは報じている。

13日の欧州疾病予防管理センター(ECDC)の報告書によると、過去14日間にチェコ(人口約1069万人)で確認された新規感染者の数は合わせて5万5538人で、人口が8倍多い隣国ドイツ(約8315万人)の4万2032人を上回る。

チェコは3月、速やかに厳格なロックダウンを敷いて国境を封鎖し、マスク着用を義務付けた。

しかし6月下旬にはマスク着用義務を含む制限措置を解除。首都プラハのカレル橋で新型ウイルス危機に「別れ」を告げる大規模なパーティーを開催した。

オランダの発表内容

オランダでは14日夜から4週間にわたる部分的なロックダウンが敷かれる。バーやレストラン、大麻カフェなどが閉鎖され、飲食店はテイクアウトでの営業のみ認められる。食料品店は夜8時以降のアルコール販売が禁止される。

マルク・ルッテ首相は、「つらいことだが、これしか方法がない。もっと厳しく対応しなければ」と記者会見で述べた。

一方で学校の活動に変更はないという。市民は在宅勤務が奨励され、必要不可欠な場合のみ公共交通機関を使用することが求められている。

オランダ国内の感染者数は60%増加し、1週間で4万4000人近くが新たに感染している。ルッテ首相は感染者が増え続ければ、病院の通常業務の75%をキャンセルせざるを得なくなると警告した。

同国では13日、1日の新規感染者数が7400人近くに上った。

その他の国の状況は

  • 今年3月に6000人以上の観光客に影響を及ぼした、オーストリア・イシュグル・スキーリゾートでの感染大流行について、地元市長や地元当局、さらにはセバスティアン・クルツ首相を批判する報告書が公表された。感染が確認された後もスキーが許可され、避難が開始されるまで3日間もかかったことや、避難時に混乱が生じたことなどを指摘した
  • イタリアは修学旅行や公園でのサッカーなど、アマチュアのコンタクトスポーツを禁止する法令を導入した。個人的なパーティは禁止され、自宅を訪問する人の数が6人までに制限される
  • ロシアでは13日、1日の新規感染者が1万4000人近くに上り、過去最多となったと発表した。また、新たに244人が死亡したが、当局は全国的なロックダンは行わない方針だとした

新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 Europe tightens measures amid sharp Covid rise