2020年10月19日 14:58 公開

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相(40)率いる最大与党・労働党が、17日に投開票された総選挙(1院制、定数120)で単独過半数を獲得し圧勝した。これにより、アーダーン首相の続投が確実となった。

2017年にニュージーランド史上最年少の首相に就任したアーダーン氏は、翌年に第1子となる女の子を出産。現職の首脳が出産するのは世界で2人目だった。

2019年にクライストチャーチで発生した銃乱射事件では、犠牲者らに思いを寄せ、銃規制を強化した。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスをめぐっては、早期に厳格なロックダウンを敷き、いち早く国内の感染者ゼロを宣言した。

選挙で圧勝するだけの支持を得たアーダーン首相の、リーダーシップ・スタイルを振り返る。