混乱するアメリカ大統領選挙。トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことで、選挙戦も厳しくなったかに見えるが、熱狂的なトランプ信者たちはそんなことは一切信じない。ジャーナリスト・横田増生氏が拾い上げた彼らの肉声を聞けば、米国の絶望的な“分断”が浮かび上がってくる。

 共和党の新型コロナに関する姿勢を私が直接体験したのは、9月22日のこと。共和党全国委員会のロナ・マクダニエル委員長が、ミシガン州都のランシングにやってくるというので、州の共和党本部に見に行った。

 トランプの支援者30人ほどが参加していたが、マスクをしている人はほとんどなく、ソーシャルディスタンスにも気を払っている様子もなかった。

 しかし、地元のテレビ局が取材に来る直前、現場の担当者が支援者に向かって「テレビに映るときは、必ずマスクを着用してください」と言い渡した。ただし、マクダニエルは、マスクをすることなくテレビのインタビューに答え、支援者に向かって話しかけた。

 そのマクダニエルが9月25日、ワシントンDCで開かれたトランプも参加した資金集めのイベントに参加。その後、新型コロナに感染したことがトランプの感染よりも前に発覚した。『ニューヨークタイムズ』紙は、トランプの感染経路の可能性の1つとしてマクダニエルの名前を挙げている。

 ここで大切になるのは、共和党の支持者たちのトランプ観である。特にトランプが重要視する、郊外に住む白人たちがトランプをどう見ているのか、という点だ。ミシガン州の郊外の住人の声を集めた。

 ゲイリー・メイヤー(80)は、新型コロナに罹ってもトランプ支持は揺らがない、と言う。

「すぐに快復して、また選挙活動を再開し、バイデンを倒してもらわないといけない。バイデンになれば、税金が上がるし、電気料金も値上げになるからな」と言う。

 ダナ・キャメロン(70)は、新型コロナの陰謀説を唱える。
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
「大統領がコロナに罹ったのは、きっと陰謀なのよ。意図的にコロナをうつされたのよ。大統領がコロナに罹れば、一番得をするのは誰かを考えてみれば分かるわよね」

 見逃せないのは、共和党員でもトランプに投票することを躊躇する人たちが少なくないことだ。

 マーチン・フィリピッチ(65)は、上院議員と下院議員選挙では、共和党候補に投票するが、トランプに投票するかどうかは分からない、と言う。