2020年10月24日 13:04 公開

ポーランドでほぼ全ての人工妊娠中絶が禁止されたことを受け、同国の各都市で何千人もの女性が抗議デモを行っている。

同国の憲法裁判所は22日、胎児に障害があった場合も人工妊娠中絶を違憲とする判決を下した。

この判決により、ほぼすべての中絶が禁止されたことになった。胎児の障害は、ポーランドで行われる中絶の理由の98%を占めている。

今後は強姦や近親相姦による妊娠だった場合、また母親に命の危険がある場合のみ、中絶が認められるという。