2020年11月02日 11:42 公開

イギリス王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子(38)が今年4月に新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。王室筋がBBCに語った。

英王室では3月下旬にウィリアム王子の父、ウェールズ公チャールズ皇太子(71)の感染が判明しており、王子は同じ頃にウイルス検査で陽性と判定されたとみられる。

ウィリアム王子の感染を最初に報じた英紙ザ・サンによると、王子は国民を不安にさせないよう感染を公表しなかった。

王子は「色々と重要なことが起きている中で、誰にも心配をかけたくなかった」ため、誰にも陽性判定を伝えなかったと同紙は報じた。

王室専属の医師が王子の治療にあたった。王子は英政府の新型ウイルス対策ガイドラインに従い、ノーフォーク州サンドリンガムのエリザベス女王の保有地にある邸宅アンマー・ホールで隔離に入っていたという。

公式コメントは拒否

BBCのジョニー・ダイモンド王室担当編集委員は、王子の感染が公表されなかった背景について、国内の警戒ムードを高めたくなかったという王子側の意図を反映した可能性があるとした。

また、王室がプライバシーを保とうとしたこともあるとした。

公爵一家の公務を管理するケンジントン宮殿側は公式なコメントは拒否した。

報道によるとウィリアム王子は感染が判明した4月に、電話やビデオを使ったリモート公務を14件こなした。

4月上旬、王子は妻のケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃と共に、イングランド北西部バーンリーにある小学校に通う、社会生活の維持に不可欠な仕事をしている親を持つ子どもたちとビデオ通話をした。

チャールズ皇太子は3月にウイルス検査で陽性と判定され、7日間の自主隔離を行った。症状は軽かった。


新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 Prince William 'contracted Covid-19 in April'