2020年11月05日 17:13 公開

アメリカで4日、新型コロナウイルスの新規感染が10万件以上報告され、1日あたりの最多を更新した。COVID追跡プロジェクトによると、新規感染のほかに入院患者数も急増しており、検査の拡大だけでは説明が付かないという。

アメリカではこの日、3日に行われた大統領選の開票作業が続いており、新型ウイルスの危機は大きく取り上げられなかった。

この日の死者は1100人超に上っている。現在の入院患者数は全国で5万人超と、10月初めと比べて64%増加した。

1日あたりの平均死亡率も上昇傾向にあるものの、パンデミックの初期に比べると低いという。

同国の新型コロナウイルス対策で中心的な役割を果たしている国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は、10月31日に掲載された米紙ワシントン・ポストのインタビューで、アメリカは今後数カ月間、「かなり多くの痛みに直面することになる」と指摘。

冬になり人々が屋内にとどまることが多くなる中、「これ以上悪くなりようがないという状況だ」と述べた。

この発言にホワイトハウスは強く反発。ホワイトハウスのジャッド・ディア副報道官は声明で、ファウチ氏の発言は「容認できず、完全に規範を破っている」と主張した。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、アメリカではこれまでに約950件の感染報告と約23万4000人の死者が確認されており、共に世界で最も多い。

新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 US sees record 100,000 new Covid cases in a day