手嶋龍一(外交ジャーナリスト)

 次期大統領に就任する見通しとなったバイデン氏は、菅義偉(すが・よしひで)首相率いるニッポンの優先順位を落としつつあるのではないか――首相官邸も外務省もそんな焦りを募らせているように見受けられる。バイデン氏は、トランプ大統領がかたくなに敗北を認めない中、バイデン外交を始動させつつある。

 まずは隣国カナダのトルドー首相に電話をかけ、続いて英国のジョンソン首相、ドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領と相次いで電話会談を行い、首脳外交を実質的にスタートさせた。

 だが、東アジアで最重要の同盟国、日本の菅首相との電話会談は12日以降に先送りされてしまった。安倍晋三前首相がトランプ大統領と際立って良好な関係を保っていたのに対して、欧州の主要国のリーダーたちは、時にトランプ大統領と鋭く対立してきた。

 このため、バイデン次期政権の外交を担う専門家たちは、大西洋を挟む欧州主要国の首脳とまず接触して信認を取り付け、それによって国際社会でもバイデン勝利を印象付けて民主党政権の基盤を揺るぎないものにしようと目論んでいるのだろう。

 4年前の米大統領選直後には、当時の安倍首相が電撃的に訪米し、就任前のトランプ大統領と異例の会談を成功させた。そして「シンゾー・ドナルド」の信頼関係を素早く築き上げたのだった。

 安倍首相はその足でペルーの首都リマで行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に乗り込んでいった。各国に先駆けてトランプ・タワー会談を実現させた安倍首相に、集った首脳たちは熱い視線を注いだという。次期大統領と膝を交えて話し合い、首脳たちの人物譚(たん)まで披露し、トランプ大統領の首脳外交の指南役まで務めたのだから、誰しも競って安倍首相の話を聞きたがった。
米デラウェア州ウィルミントンで記者会見するバイデン前副大統領=2020年11月10日(ロイター=共同)
米デラウェア州ウィルミントンで記者会見するバイデン前副大統領=2020年11月10日(ロイター=共同)
 こうして築き上げた「シンゾー・ドナルド」の絆は、その後の安倍政権にとって最大の外交的資産となった。初めての米朝首脳会談の開催場所は、板門店ではなくシンガポールにすべきだと進言したのもトランプ大統領の盟友、安倍首相だった。