2020年11月27日 17:10 公開

史上最も偉大なサッカー選手の1人で、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が25日、60歳で亡くなった。

アルゼンチン政府は3日間の服喪を発表。棺の設置された大統領府には何万人ものファンが詰めかけ、追悼した。

マラドーナ氏は1986年のワールドカップ(W杯)でアルゼンチン代表のキャプテンを務め、優勝に導いた。準々決勝のイングランド戦では、有名な「神の手」ゴールを決めた。

国内のみならず、バルセロナ(スペイン)やナポリ(イタリア)などの海外チームでも活躍した。