2020年12月02日 13:50 公開

韓国の国会は1日、BTS(防弾少年団)などのポップスターらが、同国男性の義務となっている兵役を30歳まで延期できるとする法案を可決した。

韓国では18~28歳の健康な男性は全員、約20カ月間の兵役につく義務がある。

可決された兵役法の改正案では、関係官庁の文化体育観光部が推薦する特定のポップスターについて、兵役を先送りできるとしている。

法案可決は、BTSの最年長メンバーのJIN(ジン)さんにとって、やや早めの誕生日プレゼントとなった。JINさんはもうすぐ28歳になる。

韓国では今回の兵役法の改正前にも、有名スポーツ選手やクラシック音楽家らに対し、兵役の免除や延期が認められてきた。

<関連記事>

今回の法改正では、「国内外で韓国のイメージを大きく向上させたと文化体育観光部が推薦した、ポップカルチャーのアーティスト」について、兵役を30歳まで延期できるとした。

BTSは韓国国外でも人気が急上昇しており、熱狂的ファンが近年、世界中で増えている。「BTSアーミー」と呼ばれるファンらは、「おめでとう、JIN」、「この上なく幸せ」、「同じ時代にいられてよかった」などのコメントをソーシャルメディアに寄せた。


BTSは先週、韓国のポップグループとして初めて米グラミー賞の候補に選ばれた。最新ヒット曲「ダイナマイト」で、レディ・ガガさんやテイラー・スイフトさんらとともに、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞の候補となった。

米ビルボードのトップ100シングルチャートでも1位を獲得した。メンバー全員が韓国人のポップグループでは史上初で、英語以外の曲が1位になるのも初めてだった。

(英語記事 South Korea lets BTS postpone military service