2020年12月07日 11:18 公開

ドナルド・トランプ米大統領は6日、顧問弁護士のルディ・ジュリアーニ氏(76)が新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたと、ツイッターで明らかにした。トランプ氏の周囲では10月初め以降、側近の感染確認を皮切りに、トランプ氏自身を含めて、感染者が相次いでいる。

トランプ氏はツイッターで、ジュリアーニ氏が「中国ウイルスで陽性になった」と書き、「ルディ、早く良くなりますように。我々は引き続きがんばる!」とツイートした。

米紙ニューヨーク・タイムズとABCニュースによると、ジュリアーニ氏は首都ワシントンのメッドスター・ジョージタウン大学病院に搬送された。ジュリアーニ氏の症状の有無や、感染の時期は不明。

トランプ氏のツイートの後、ジュリアーニ氏は「友人やフォロワーの皆さん、祈りや温かい言葉をありがとう。最高の手当てを受けていて、気分は良好です。速やかに回復しつつあり、情勢はすべて把握しています」とツイートした。

https://twitter.com/RudyGiuliani/status/1335771824639107075


これに先立ち、息子で、自分も先月20日に陽性が確認されたアンドリュー・ジュリアーニ大統領特別顧問はツイッターで、父親が休息中で「素晴らしい手当てを受けていて、気分は良好だ」とトランプ氏のツイートを引用しながら書いていた。

https://twitter.com/AndrewHGiuliani/status/1335729417050591239


<関連記事>

ジュリアーニ氏は、先月3日の大統領選の結果をめぐってトランプ陣営が展開する法廷闘争を主導。訴訟に絡んで国内各地を移動し、集会などに参加してきた。その多くではマスクを着用せず、社会的距離に関するルールも無視していた。

3日にはジョージア州を訪れ、同州で大統領選に不正があったという主張を、具体的な裏づけのないまま州議会上院の委員会で繰り返した。

トランプ氏は大統領選での敗北を受け入れず、不正があったとの主張を証拠を示さずに続けている。ただ、ビル・バー司法長官は先週、選挙結果を覆すほどの大規模な不正があったことを示す証拠は見当たらないと述べた。

大統領選で勝利を確実にしているジョー・バイデン次期大統領は、来月20日に就任する予定。

大統領周辺で相次ぐ陽性者

トランプ氏と陣営関係者は、新型ウイルスの感染防止ガイドラインを無視しているとして批判されている。

トランプ氏自身は10月、新型ウイルスに感染し、症状が出た。大統領選まで1カ月を切った時期に入院し、再選を狙った選挙運動に大きな影響が及んだ。

トランプ氏側近で、先月25日の記者会見でジュリアーニ氏と並んでいたボリス・エプスタイン氏は、同会見後まもなく陽性と判定された。

ほかに、マーク・メドウズ大統領首席補佐官、ケイリー・マケナニー大統領報道官、大統領の夫人メラニア氏、息子ドナルド・ジュニア氏、同バロンさんらも陽性の結果が出た。


政権の医師が政権を批判

米ジョンズ・ホプキンス大学によると、アメリカではこれまで、約1470万人が新型ウイルスに感染し、28万人超が死亡した。ともに世界最多となっている。

<関連記事>

6日には、ホワイトハウスの新型ウイルス対策チームで調整官を務めるデボラ・バークス医師がトランプ政権について、感染防止ガイドラインを無視し、感染流行に関する「誤った説」を広めていると批判した。

バークス医師は米NBCに、「そうした事態に関する話や、マスクは効果がないといった話、集団免疫の獲得を目指すべきだとする話を、地域の人々がオウム返しに言っているのを耳にしている」と述べた。

「この国が直面する最悪の出来事だ」


新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 Trump says lawyer Giuliani has Covid-19