2020年12月15日 9:52 公開

米大統領選の選挙人による投票が14日にアメリカ各地であり、民主党のジョー・バイデン氏が過半数の票を獲得した。これによって、当選が正式に確定した。大統領就任に向けた最終段階の手続きがまた一つ進んだ。

全米50州とコロンビア特別区(首都ワシントン)で選挙人538人が投票し、バイデン氏が306票、トランプ氏が232票をそれぞれ獲得した。

この結果を受けてバイデン氏は地元デラウェア州で演説。「人々の意志が勝利した」と宣言した。

また、アメリカの民主主義は「圧迫され、試され、脅された」が、民主主義の諸制度が「強靭(きょうじん)で本物で強力だと証明された」と述べた。

先月の大統領選の有権者投票では、民主党のバイデン氏は選挙人を306人獲得。共和党の現職大統領ドナルド・トランプ氏は232人を獲得していた。各地の選挙人はこの通りに投票したことになる。

アメリカの制度では、大統領選で候補者に正式に投票するのは、各州に割り当てられた「選挙人」。11月の選挙では、有権者は州ごとにこの選挙人を選ぶ仕組みになっている。

<関連記事>

トランプ氏は今回の投票結果を認めない見通し。

バイデン氏は「ふつうの人たち」称賛

選挙人による投票は通常、あまり注目されない。しかし今年は、トランプ氏が選挙の正当性を疑問視して結果を覆そうとし続けているため、関心が高まった。トランプ氏は各地で法廷闘争を展開しているが、裁判所に次々と退けられている。

バイデン氏は演説で、トランプ氏のこうした動きに言及。トランプ氏は司法や州議会などあらゆる手段で選挙結果の正当性を争う機会を与えられ、それを追求した上で、訴えの内容を退けられたのだと指摘した。

さらに、19州の州司法長官(共和党)と126人の連邦下院議員(同)がペンシルヴァニアなど4州の選挙結果を覆そうとしたことについて批判しながら、「アメリカ人は民主主義を信じている」として、「ふつうの人たち」が脅しに屈するのを拒んだとたたえた。

さらに、今回の選挙で各地の選挙スタッフが脅迫や圧力を受けたような事態は、「まったく受け入れがたい、とんでもないことだ」と強く批判し、「二度とあってはならない」と強調した。

そして、「この国の民主主義の火はかなり前にともされた」、「その炎は(新型ウイルスの)パンデミックや権力の乱用でさえ消せないことを、私たちは知っている」と述べた。

この日の投票は、各州の州都と、首都ワシントンで実施された。ミシガンやジョージアなどいくつかの州では、厳重な警戒態勢が敷かれた。

主要接戦州の1つでバイデン氏が勝利したミシガン州は、「信用できる」暴力の脅迫を受けたとして、州都ランシングの州議会関係庁舎を閉鎖した。

州議会での投票は静かに進んだ。共和党の一団が議会庁舎に入って投票しようとしたが、はね返された。

拉致計画が連邦捜査局(FBI)によって未遂に終わった、同州のグレチェン・ウィトマー知事(民主党)は、「人々が意思を表明した。安全で公正で確実な選挙だった」、「この日以降、結果は最終となる」と述べた。


選挙人とは

大統領候補を擁立する政党は、大統領選の投票日前に自党の選挙人を指名、もしくは選任する。選ぶ条件やルールは州によって異なる。

合衆国憲法は選挙人について、連邦議会議員や連邦政府の現職公職者は除くことだけを定めている。今年最も有名な選挙人は、ニューヨーク州のビル・クリントン元大統領と妻ヒラリー・クリントン氏だ。

選挙人はほぼ必ず、選挙結果に応じて、その州で最多得票を得て勝った自党の候補に投票すると誓約している。しかし、2016年には一部の選挙人がこれを守らず造反し、いわゆる「不誠実な選挙人」となったため、いくつかの州では再発防止を目的に州法が改正された。

各州の選挙人の人数は、ほぼ人口に応じて割り当てられている。総数538人は、連邦議会の上院議員100人と、人口比で人数が決まっている下院議員435人に、首都ワシントンの3人を足した人数。

この後は

各州の選挙人による投票の結果は首都ワシントンに送られ、来月6日に連邦上下両院の合同議会で正式に集計される。上院議長のマイク・ペンス副大統領が、これを取り仕切る。

これで、バイデン氏の来月20日の大統領就任の手はずが整う。

トランプ氏は先月、選挙人の投票でバイデン氏の勝利が確認されれば、ホワイトハウスを退去する考えを表明した。だがトランプ氏はその後も、大統領選で不正があったという主張を立証のないまま続けており、共和党の州知事に票の無効化を求めたり、共和党多数の州議会幹部に自分を支持する選挙人を選定するよう働きかけたりと、敗北を認める様子はない。

アンソニー・ザーカー北米担当記者によると、トランプ陣営はまだ勝利を諦めず、共和党が選ぶ別の選挙人による投票を実施し、トランプ氏が勝者だと宣言しようとしている。敗北続きの法廷闘争も継続し、選挙結果を覆すよう連邦議会にも求める方針。

ただし、連邦議会の下院は民主党が多数派のため、連邦議会は今日の選挙人団の投票結果を承認する見通し。トランプ氏が現実世界で勝利する見込みはゼロだと、ザーカー記者は伝えた。

(英語記事 Biden victory formalised after electors cast votes