2020年12月16日 17:31 公開

安価で最新のトレンドを反映したファストファッションだが、環境に与える負荷は決して小さくない。

たとえば、ジーンズ1着を作るのに使われる水は7500リットルと、浴槽20杯分にもなる。

この中には、工場で染色のために使われ、化学物質が混入した排水となって、河川や海に流れ出すものも含まれている。

新型コロナウイルスのパンデミックで外出が減り、それほど多くの服は必要ないと感じることが増えているいま、次々買っては捨てることも多いファストファッションについて改めて考えてみてはいかがだろう。