渡邊大門(歴史学者)

 前回、慶長5(1600)年に勃発した関ヶ原合戦後、西軍に属して敗北した大名の悲惨な最期を書いた。実は、その中で最も特筆すべきなのが、西軍の首謀者でもあった宇喜多秀家である。

 秀家は関ヶ原から離脱すると、島津氏を頼って薩摩へ渡海。長い薩摩での潜伏生活を経て、徳川家康のもとに送られた。その後、駿河久能(静岡市)へ連行され、八丈島に送られることになった。

 秀家は、八丈島の「流人第1号」でもあった。八丈島における生活は苦難に満ちたものであり、数多くのエピソードが残っている。以下、その全貌を明らかにしよう。

 慶長11(1606)年4月、秀家は八丈島へ配流された(「八丈島記事」)。駿河国久能で幽閉生活を送って、3年が経過してからの措置だった。なお、秀家の八丈島での生活については、一次史料が非常に少なく、二次史料に拠らざるを得ないので、あらかじめその点をお断りしておきたい。

 駿河国久能から八丈島まで、直線距離で約250キロもある。秀家は出発直前に久能から下田(静岡県下田市)に移され、同地から八丈島に向かったと考えられる。

 八丈島は周囲約59キロ、面積約70平方キロの小島にすぎない。今でこそ航空機などで八丈島に行けるが、当時の航海術では八丈島への渡航は相当な困難を伴ったことだろう。

 秀家に同行したのは、子の秀高、秀継を含め計13人だけだった(「八丈島記事」)。「七島志髄」によると、秀家ら3人以外では、家臣の浮田次兵衛、田口太郎左衛門、寺尾久七、村田助六、乳母の「あい」の名が挙がっており、残りは「奴隷等」と書かれている。

 「流人御赦免并死亡帳」には、具体的に名前が記されている。先述した面々を除くと、半十郎、中間の弥助と市若、浮田次兵衛の下人の才若、乳母「あい」下女の「とら」である。

 秀家が八丈島に流された際、上乗したのが渡邊織部とされている(「譜蝶餘録後編」)。上乗とは船に乗り組み、目的港まで積荷の管理に当たる荷主の代理人のことを意味する。織部はもと北条氏に仕えていたが、のちに家康に仕官したという。
八丈島にある宇喜多秀家と豪姫の像=東京都八丈町大賀郷の南原海岸
八丈島にある宇喜多秀家と豪姫の像=東京都八丈町大賀郷の南原海岸
 実際は織部が秀家を連行したのではなく、喜兵衛なる人物に命じて新島の者たちを動員させ、秀家を八丈島に送り届けたようだ。その際、船中で秀家が書写した漢詩文「和漢朗詠集」を贈られたと伝わる。

 当時の八丈島は、米も収穫できないような非情に貧しい島であった。大名時代の秀家は、少なからず豊かな生活を享受していたに違いない。秀家にとって島での生活は、大変厳しいものがあったと推測される。その点は、後世のエピソードになってしまうが、のちほど取り上げることにしたい。