2020年12月24日 11:24 公開

ジェイムズ・ギャラガー、保健・科学担当編集委員

イギリスのマット・ハンコック保健相は23日、南アフリカで発見された新型コロナウイルスの変異種に感染した2人を確認したと述べた。イギリスで発見された変異種と似ているが、異なる進化を遂げたものだという。

ロンドンとイングランド北西部出身の感染者は共に、南アフリカに渡航した人々と接触していた。南アフリカでは新型ウイルスの変異種が発見されている。

現在、南アフリカへの渡航は規制されている。また、過去2週間内に同国に渡航した人と渡航者と接触した人は、直ちに自己隔離するよう求められている。

南アフリカでは変異種への懸念が高まっている。ズウェリ・ムキゼ保健相は、「若く、健康だった人々が重症に陥っている」と警告。「エイズ(後天性免疫不全症候群)流行初期の経験を繰り返すわけにはいかない」と述べた。

同国の科学者らは、変異種が「急速に拡大」し、一部地域では新型ウイルス感染者の多数が変異種にかかっているとしている。

変異種は分析が進められているが、データは一貫して感染力の高さを示している。

イギリスではこの変異種が22日に初めて確認された。

「爆発的流行」

この変異種は、以前にイギリスで確認された変異種と類似している。だが、異なる進化を遂げたものだ。

いずれもN501Y と呼ばれる変異をしている。ウイルスが人体の細胞に感染する際に使う、重要なパーツに関する変異だ。

インペリアル・コレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は、「現時点で最も心配なのは南アフリカのものだ。そのウイルスが爆発的に流行し、感染者数が急増しているとされる報告が、科学的なものではないが間違いなく出ている」と話した。

<関連記事>

ハンコック保健相は官邸での記者会見で、新たな変異種について「非常に心配」だと表明。隔離を指示された人は「いかなる人との接触もすべて」避ける必要があると述べた。

さらに、新型ウイルスの感染流行を抑えるため、ボクシング・デー(クリスマスの翌26日)には数百万の国民が警戒レベル・ティア4(自宅待機)の対象になるとした。

イングランド公衆衛生庁(PHE)のスーザン・ホプキンス博士は、「(変異種は)どちらも感染力がより高いと思われる」と説明。ただ、南アフリカから流入した変異種については「まだ調べているところだ」と述べた。

また、隔離と渡航規制によって新たな変異種の感染拡大は抑制できると「かなり信じている」と述べた。

英ウォーリック大学医学部のローレンス・ヤング教授は、「基本的な感染防止対策(手洗い、マスク着用、社会的距離の確保)が、この変異種の感染も防止するだろう」と話した。

「より厳しい規制措置を全国的に取ることは避けられない」

南アはどう対応しているか――ファルーク・チョティア、BBCニュース

南アフリカ政府は、有名な西ケープ州ガーデン・ルートのビーチを閉鎖するなど、祝祭の時期に規制を強化している。

主要野党の民主同盟(DA)はこれに反対。ロビー団体の中には、ビーチ閉鎖は小規模事業者にとって壊滅的な影響を及ぼすとして裁判を起こしたものもあった。

しかし裁判所は、政府には国民の健康を守る義務があるとして、規制を維持した。

西ケープ州のアラン・ウィンデ首相は、州内の病院は「非常にひっ迫している」と述べた。同州の新型ウイルス感染者は、流行の第1波時より多くなっている。

南アフリカの新型ウイルスの感染者は累計約950万人、死者は2万5000人以上で、アフリカ最多となっている。


新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 UK has two cases of variant linked to South Africa