小川善照(ジャーナリスト)

 2015年のクリスマス、19歳になったばかりだった香港の民主活動家、周庭(アグネス・チョウ)は東京・渋谷の駅前にいた。香港の視聴者に向けてインターネットで生放送をするというのだ。筆者は彼女の取材に付き添っていた流れで、動画配信を同行カメラマンと見守ることにした。

 渋谷駅前で、サンタ姿の人らにぎこちない日本語で話しかけては、彼らとともにスマートフォンの向こうの香港人に向けて、広東語でメリークリスマスを意味する「聖誕快楽(セィンダンファイロッ)」の声を届けていた。半裸状態の男性やバイクで回る人たちにも協力を呼びかけているうちに、視聴者数は3千人を超えていた。

 スマホを向けられて当惑した日本の「パリピ」も周庭の雰囲気に心を許したようだった。その屈託ない笑顔は、時として民主活動家という顔を忘れさせた。

 だが、それから数日後の2016年1月3日に彼女は笑顔が一切ない動画を配信することなる。「銅鑼湾(どらわん)書店事件」だ。

 中国政府に対する批判本、共産党幹部のスキャンダルに言及する本など、中国では禁書となる書籍が香港では出版されていた。これらは、香港で保障されている言論の自由の上に成立していた。そうした本を扱う銅鑼湾書店の関係者が2015年10月から次々と失踪しており、中国当局に拘束されていることが判明したのだ。香港の中で中国当局が香港人の身柄を拘束するなど一国二制度の危機である。日本に滞在していた周庭は、流ちょうな英語で全世界に向けて香港の自治の危機を訴えた。

 この日、晴れ着を着てみたいという周庭のリクエストに応じて、知人の伝(つて)を頼って着物と着付けをお願いしていた。着付けの前に配信された動画は再生数をどんどん伸ばし、最終的には9万回以上を数えた。驚いていると、事も無げに彼女が言った。

 「香港で社会運動をやっていると、これくらいの再生は当たり前です」

 初めて取材してから6年となるのだが、周庭については、こうした笑顔と時に見せる活動家然とした表情しか思い浮かばない。立法会議員への出馬を取り消されたり、逮捕されたりしても周庭に涙はなかった。その涙は、2020年12月2日の法廷で流れた。
周庭=2016年1月3日(筆者提供)
民主活動家の周庭氏=2016年1月3日(筆者提供)

 昨年6月に香港政府の「逃亡犯条例」改正案に抗議する警察本部包囲デモを扇動したとして、無許可集会扇動罪などに問われた周庭は、香港の裁判所で禁錮10月を言い渡された。24歳の誕生日を前日に控えた日のことだった。

 「法廷での周庭は最初から肩で息をしているような状態で、付き添いの女性警察官に支えられていました。最後に量刑が言い渡されるとき、その場で周庭は崩れ落ちるように号泣していました」

 周庭の友人であり、裁判を傍聴した香港の日本人タレント、Rieの証言だ。厳しすぎる、初の実刑判決だった。裁判では黄之鋒(ジョシュア・ウォン)と林朗彦(アイヴァン・ラム)にも、それぞれ禁錮13月半、同7月の判決が下った。

 法廷の外では親中派がシャンパンを抜いて大騒ぎしていた。だが、それよりもはるかに多くの香港市民たちが集まり、裁判所を後にする3人のバスに声をかけ、いつまでもその後を追っていた。