2020年12月26日 11:35 公開

有効性が高いワクチンであっても、大多数が接種しなければ、感染リスクは低くならない。

これはワクチンの有効性と、人口におけるワクチン接種率で簡単に計算できる。

たとえば、95%の有効性を示すワクチンを人口の75%が接種した場合、人口の71%が感染から守られる。

しかしそれでもなお、29%の人が感染リスクにさらされていることになる。

つまり、世界中のあらゆる地域のあらゆる年齢層で、大多数がワクチンを接種しなければ、感染クラスターの発生は防げないし、自分たちの周りで感染リスクの高い人たちを守ることはできない。