2020年12月28日 11:59 公開

欧州連合(EU)で27日、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。加盟各国が連携しており、EU首脳は「感動的な結束の瞬間」だとした。

欧州医薬品庁(EMA)と欧州委員会は、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンの使用を許可していた。

欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は26日、同ワクチンがEU加盟全27カ国に配布されたと述べていた。

<関連記事>

加盟国の中には、1日すら待つ余裕はないとして、26日のうちに接種を始めた国もあった。

EUでは、さまざまな製薬会社から計20億回分のワクチンを購入する契約を結んでいる。域内の人口は約4億4600万人。


EUではこれまで、新型ウイルスによって33万5000人以上が亡くなっている。

感染者は1400万人以上に達しており、ほぼすべての加盟国で現在、厳しいロックダウン(都市封鎖)が実施されている。

さらにヨーロッパの数カ国では、感染力がより強力な新型ウイルス変異種が確認されている。

この変異種はカナダや日本などでも確認されており、世界各国は先週、相次いで渡航者の入国を規制した

「生活を取り戻す鍵」

欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長は26日、「私たちは今日、困難な1年において新たなページをめくり始めた。COVID-19ワクチンがすべてのEU加盟国に配送された。EU各国で明日、接種が始まる」とツイートした

さらに、「EUでの接種の一斉開始は、感動的な結束の瞬間だ。ワクチン接種こそ、パンデミック(世界的流行)から脱する強力な方法だ」と付け加えた。

https://twitter.com/vonderleyen/status/1342751465274806273


ドイツのイエンス・シュパーン保健相は26日、「このワクチンはパンデミックに打ち勝つために非常に重要だ。生活を取り戻すための鍵だ」と述べた。

イタリアのルイジ・ディマイオ外相は、「私たちは自由を取り戻す。再び抱擁できるようになる」として、国民にワクチン接種を呼びかけた。

ドイツ北東部ハルバーシュタットの医療従事者らは27日を待たず、介護施設で暮らす高齢者への接種を26日のうちに開始した。


ハンガリーでも26日に最初のワクチン接種が医師に実施されたと、国営通信社が報じた。

スロヴァキアの当局も、すでにワクチン接種を始めたとしている。


新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 EU starts mass vaccination in 'moment of unity'