2021年01月05日 15:46 公開

新型コロナウイルスの流行拡大で世界中がロックダウンした際、大気中の二酸化炭素(CO2)は大きく減少した。

CO2は気候変動の原因とされる温室効果ガスのひとつだ。

しかし、これはパンデミックによる短期間の記録的な減少なのか、それとも「新しい普通」になったのか。

BBC天気予報とリアリティーチェック(ファクトチェック)・チームが、新型ウイルスが気候変動に与えた影響を調査した。