2021年01月06日 10:11 公開

米グラミー賞の主催団体は5日、新型コロナウイルスの影響で今月31日に開催予定だった第63回授賞式を3月14日に延期すると発表した。

グラミー賞は世界の音楽業界最大の賞の1つ。米カリフォルニア州ではロサンゼルスなどで新型ウイルスの感染者数が増加しているため、授賞式を延期するという。

昨年11月の候補発表で、ビヨンセさんやテイラー・スウィフトさん、デュア・リパさんらがノミネートされていた。

グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーは声明で、「音楽コミュニティーの人たちや、授賞式の製作に疲れ知らずで取り組む数百万人の健康と安全ほど、大切なものはない」と述べた。

司会を務めることになっていた南アフリカ出身のコメディアン、トレヴァー・ノアさんが3月に延期された授賞式に参加するかどうかは明らかにされていない。

AFP通信によると主催団体は先に、今年の授賞式は大部分がバーチャルなものになると発表していたが、それ以上の詳細は発表されていない。

アメリカで新型ウイルスのパンデミックが発生して以来、多くの主要な授賞式がオンライン開催を余儀なくされている。

特に新型ウイルスの感染拡大が深刻なカリフォルニア州では、救急隊員らは生存の可能性が極めて低い患者を病院に搬送しないよう指示を受けている。

(英語記事 Grammy Awards postponed until March