2021年01月19日 17:10 公開

ジョー・バイデン次期米大統領の報道担当は18日、新大統領の就任以降もアメリカ政府は新型コロナウイルス対策としてイギリスや欧州連合(EU)のほとんどの国、およびブラジルからの渡航禁止措置を継続すると発表した。ドナルド・トランプ大統領は18日、バイデン氏の就任から6日後に当たる1月26日に、こうした禁止措置を解除する大統領令を発表したばかり。

しかし、新政権の大統領報道官になるジェン・サキ氏はツイッターで、今は渡航制限を緩和するタイミングではないと説明した。

バイデン氏は20日に大統領就任式を控えている。

アメリカは昨年3月に欧州に、5月にブラジルに対して入国禁止措置を取った。

<関連記事>

トランプ大統領の大統領令には、26日にイギリスとアイルランド、欧州のシェンゲン協定加盟国、そしてブラジルに対する渡航禁止を解除するとある。一方で中国とイランに対する制限は続行される。

しかしサキ報道官はこの発表の直後に、「医療チームの助言を受け、バイデン政権は1月26日にこれらの制限を解除するつもりはない」とツイートした。

「むしろ私たちは、COVID-19の感染拡大を最小限に抑えるため、国外渡航をめぐる公衆衛生策を強化する予定だ」

また、「世界中で感染力の強い変異株が出現している中、今は渡航制限を緩和するタイミングではない」と付け加えた。

アメリカでは米疾病対策センター(CDC)からの要請により、26日から国外からの渡航者に対し、新型ウイルス検査の陰性証明か、あるいはCOVID-19からの回復証明の提示を義務付けることになっている。

(英語記事 Biden says travel bans to stay despite Trump order