金子宗徳(国体学者)

 コロナ禍は社会生活に大きな影響を与えたが、大学も同様である。私は都内の私立大学で日本思想史を教えているが、昨年4月の新年度開始以来、学生や教職員の大学構内への立ち入りが制限され、キャンパスでの講義のほとんどはオンラインを活用したリモート方式で行われている。

 リモート方式による講義は2種類あり、一つはLMS(学習管理システム)のWEB上にレジュメと課題を掲出し、学生に自学自習してもらうオンデマンド方式。もう一つはZoomなどのWEB会議システムを用いて、定められた時間帯に講義を行うライブ方式である。

 私は大学暦における前期開始の4月からは前者の方法で、夏休み明けの後期には後者の方法で講義を行ってきた。前者においては掲出する資料や課題の量が多すぎて受講生が消化しきれなかったり、後者においてはプライバシー保護の観点から受講生が顔出しをせぬために、反応が分からぬまま一人芝居のようにしゃべり続けたりと、従来の対面方式と勝手が違うため苦労した。

 もちろん悪い点ばかりではない。外せない用務により所定の時間帯に講義ができぬ場合は、従来ならば休講にして補講をするしかなかった。しかし、オンデマンド方式なら休講にする必要はない。

 前述の問題点にしても、大学主催のオンライン研修、あるいはフェイスブックに開設された「新型コロナのインパクトを受け、大学教員は何をすべきか、何をしたいかについて知恵と情報を共有するグループ」で所属の垣根を越えてノウハウを共有し得たため、何とか本年度を終えることができそうだ。

 ただ、それは私の受け持っている講義が知識伝達型のものであったからかもしれない。理系の実験や専門技能の実技など、身体を実際に動かすことが必要な演習の担当者は苦労したのではないか。

 宗教系大学に勤務する知人からは、「宗教儀礼における奉仕者の作法をリモートで学生に実習させる方法を考えている」という話を聞き、その難しさに同情したものだ。
対面での授業が再開され、感染防止のため座席の間隔をあけて座る学生ら=2020年6月、京都市伏見区の京都教育大学(永田直也撮影)
対面での授業が再開され、感染防止のため座席の間隔をあけて座る学生ら=2020年6月、京都市伏見区の京都教育大学(永田直也撮影)
 令和2年度は学生にとって、いかなる一年だったろうか。実験や専門技能の演習をリモートで受講することは、受ける側にとっても困難を伴っただろう。コロナ禍の第2波が終息した後期において、文部科学省の要請を受けて多くの大学が実験や演習を中心として対面方式を再開したが、それは当然の対処であった。

 一方、知識伝達型の講義については、講義担当者の不慣れさに起因する課題を除けば大きな問題はなく、遠距離通学や郷里を離れての一人暮らしをしていた者からすればかえってよかったかもしれない。さらに言えば、そうした状況を悪用する学生もいる。先に述べた通り、ライブ方式の講義では顔出しをせぬため、寝床で横になった状態だろうと、別のことをしながら講義を受けようと教員からは分からないのだ。