ドナルド・トランプとは、いかなる人物だったのか?どのような政治を本当は行ったのか?今後どうなるのか?日米の有識者4人が、選挙後の情勢を踏まえて、日本の社会に伝わっていない、真実の姿に関してパネルディスカッションを行い、その後に関しても各々の立場からの分析も行ったものを書籍化!今回はその一部を特別に動画配信する。


「トランプ精神」は永遠に不滅だ!ーシンポジウム「アメリカよ、どこへ行く」

著書執筆者

ケント・ギルバート
1952年、米国ユタ州生。経営学修士(MBA)、法務博士。法律コンサルタントとして来日。弁護士業と並行しタレント活動を行う。『新しいナショナリズムの時代がやってきた! 』『日本人が知らない朝鮮半島史』『中韓が繰り返す「反日」歴史戦を暴く』『私が日本に住み続ける15の理由』『プロパガンダの見破り方』『素晴らしい国・日本に告ぐ』など。

ロバート・D・エルドリッヂ
1968年、米国ニュージャージー州生。リンチバーグ大卒(国際関係論)。神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程終了。政治学博士。2009年、在日海兵隊基地外交政策部次長就任。15年、退任。『沖縄問題の起源』『尖閣問題の起源』『トモダチ作戦』『トランプ政権の米国と日本をつなぐもの』など。第八回中曽根康弘賞などを授賞。

松本佐保
神戸生。聖心女子大学卒業(歴史学)学士。慶應義塾大学大学院文学研究科・修士号。
英国ウォーリック大学大学院・博士号(PhD)。イタリア政府給費留学生としてバチカン機密文書館でローマ教皇研究を行う。現在、名古屋市立大学大学院・人間文化研究科教授。『バチカン近現代史』『熱狂する神の国アメリカ』『バチカンと国際政治』他。

吉川圭一
1963年、東京都生。修士(筑波大学)。ペマ・ギャルポ事務所特別秘書等を経て2002年グローバル・イッシューズ総合研究所設立。11年日本安全保障・危機管理学会ワシントン事務所長兼任。『楯の論理』『911から311へ–日本版国土安全保障省設立の提言』『日本はテロを阻止できるか?』『救世主トランプ“世界の終末"は起こるか?』他、講演歴多数。

金子宗德
1975年、愛知県生。京都大学総合人間学部在学中に京都大総合人間学部在学中に第3回読売論壇新人賞・優秀賞を受賞。京大大学院人間・環境学研究科博士課程修了退学。姫路独協大学講師を経て亜細亜大学講師。里見日本文化研究所所長。グローバル・イッシューズ総合研究所研究顧問。共著書に『「大正」再考』『保守主義とは何か』『国家神道と国体論』など。