2021年02月09日 12:26 公開

ドナルド・トランプ前米大統領に対する2度目の弾劾裁判を前に弁護団は8日、米連邦議会を襲撃した前大統領の支持者たちは自分たちの判断で行動したのであって、トランプ氏に先導されたわけではないと主張した。連邦議会下院はトランプ氏が「反乱を扇動」したと弾劾訴追し、上院に審理を付託している。

9日から上院で審理が始まる弾劾裁判に先駆け、弁護団は8日に公表した審理前準備書面で、連邦捜査局(FBI)の資料によると1月6日の議会襲撃は事前に計画されていたもので、トランプ氏による直前の演説は扇動にあたらないと主張。「犯罪的に連邦議会に侵入した人々は、自分たちの意思で、自分たちの理由でそうしたというのが、本当の真実で、彼らはそのために起訴されている」と、弁護団は書いた。

弁護団はさらに、トランプ氏はすでに退任しており現在は私人のため、弾劾裁判は違憲だと主張している。

「弾劾管理人」と呼ばれ、検察官のように上院の弾劾裁判でトランプ氏の罪状を陳述する民主党の下院議員たちはトランプ氏本人の出席と宣誓証言を要求しているが、トランプ氏はこれに応じない構え。

アメリカ大統領が2度にわたり下院で弾劾訴追されるのは、トランプ氏が初めて。

トランプ氏の支持者たちが暴徒化して連邦議会を襲撃した事件では、議会警官1人を含む5人が死亡した。

弁護団と「弾劾管理人」の対立する主張

トランプ氏の弁護団は、6日の議会襲撃前にトランプ氏がホワイトハウス近くの集会で支持者に演説した内容が「反乱扇動」にあたると主張する民主党の「弾劾管理人」9人について、「うそをついて」おり、「事実関係はうつろだ」と批判した。

弁護団はさらに弾劾裁判は「政治的茶番」で、民主党があけすけに「政敵と野党を沈黙させようと」仕組んでいるのだと非難。「弾劾手続きが正義を求めるためのものだったことは、一度もない」と主張している。

「1月6日に数百人によって連邦議会議事堂で破壊行為が起きるのを、あらゆる政治的立場のすべてのアメリカ人が感じた恐怖と混乱を、下院の民主党幹部たちがえじきにしようとしてきた。これはそういう自己中心的な動きに過ぎない」と、トランプ氏の弁護団は準備書面で述べた。

民主党側は、昨年11月の大統領選からトランプ氏が一貫して敗北を認めず、選挙は不正で圧勝したのは自分だと主張し続けたことが、1月6日に強い調子で続けた演説内容と合わせて、議会襲撃を駆り立てたのだと主張している。

これに対して弁護団は、トランプ氏は単に憲法で保障される表現の自由を行使していたに過ぎないとしている。

下院の弾劾管理人たちは同日反論し、トランプ氏が「アメリカ国民を裏切った」とあらためて主張した。

「(トランプ氏による)合衆国政府に対する反乱の扇動は、平和的な権限移譲を妨害し、大統領が侵した憲法上の犯罪としてこれまで最も深刻なものだ」と、民主党議員たちは述べている。

9日からどうなるのか

9日から上院で4時間の議論の後、弾劾裁判そのものが合憲かどうかについて採決が行われる。

審理継続が可決される見通しで、10日午後から本格審理が始まり、弾劾管理人側とトランプ氏の弁護団がそれぞれ最大16時間かけて主張を展開する。

定数100の上院は現在、50対50で、上院議長でもあるカマラ・ハリス副大統領の票を合わせると51対50で民主党が多数党だが、弾劾裁判の有罪評決には3分の2以上の賛成が必要。つまり共和党から17人の上院議員が有罪に賛成しなくてはならないが、ほとんどの共和党上院議員はトランプ氏を支持している。

上院は1月26日に、弾劾裁判を違憲だとする動議を否決したものの、共和党の上院議員50人のうち45人が、裁判は違憲だとして動議に賛成していた。

訴追内容は

民主党が多数の下院は、トランプ氏が大統領として「守ると誓った共和国に対する反乱を扇動」したと弾劾訴追した。

審理前書面で民主党は、「激しく盛り上がる1月6日の集会を、(トランプ氏が)その発言で、爆発寸前の火薬庫に仕立てた」と主張している。

民主党の弾劾管理人たちは上院で、トランプ氏の発言と議会襲撃の映像を示し、トランプ氏がその言葉で「火をつければ暴力に至る」よう、「激高する群衆」はあらかじめ仕向けられていたのだと陳述する見通し。

「証拠ははっきりしている」と、弾劾管理人たちは書き、「大統領選の結果を他の手段で覆そうとしたのがいずれも失敗すると、トランプ前大統領は連邦議会への襲撃を扇動した」のだと述べている。

また、トランプ氏はすでに退任しているものの、「大統領は就任初日から最終日に至るまで在任中の行動について包括的に責任を取らなくてはならない」と主張。二度と公職に立候補できないようにするべきだと求めている。

(英語記事 Trump impeachment: Supporters rioted 'of their own accord'