2021年02月10日 16:28 公開

イギリスのマット・ハンコック保健相は9日、新型コロナウイルス対策の「レッドリスト」に挙げた国から帰国し、イングランド地方のホテルで隔離が必要になった英国民などに対し、1750ポンド(約25万円)を請求すると発表した。

この措置は今月15日に始まる。対象となるのは、英政府が「レッドリスト」に指定する33カ国から帰国した、イギリスとアイルランドの住民。

これらの人々は、政府指定のホテルで10日間、隔離生活を送ることが義務付けられる。違反すると最大1万ポンド(約145万円)の罰金が科される。

ハンコック氏は、政府が16のホテルと契約し、計4600部屋を確保したと述べた。隔離が必要な帰国者は、11日に開設されるウェブサイトで、自分でホテルを予約する。

紅茶やコーヒー代も含め

隔離に入った人は、2日目と8日目に国民保健サービス(NHS)のウイルス検査を受ける。検査費用210ポンド(約3万円)は隔離された側が負担する。

この検査費用は、ハンコック氏が説明した費用総額1750ポンドに含まれる。そのほか、ホテルの客室料金と1日3回の食事、紅茶やコーヒー、水、移動費用が含まれる。

レッドリスト指定国からイングランドに入った人で、指定国を訪れたことを正直に申告しなかった人は、1万ポンドの罰金か10年の禁錮刑に処せられる。

航空会社と旅行会社も、隔離が必要な客から移動前に、隔離措置への同意を得るよう法的に義務付けられる。従わなければ、会社と客の両方に罰金が科される。

スコットランドは出発国に関係なく

ウェールズおよび北アイルランドには現在、レッドリストの国々からの直行便は飛んでいない。対象国から帰国した両地方の住民は、イングランドで隔離用ホテルを予約し、費用を払うことになる。

ウェールズ自治政府は、違反者に対する罰金や禁錮刑はまだ「検討中」だとした。また、ウェールズにも隔離用のホテルが必要か、見定める必要があるとした。

一方、スコットランドに外国から空路で入った人は、出発国がどこであろうと全員、ホテルでの隔離が義務付けられる。スコットランド自治政府は、英政府の感染防止対策について、「もはや十分ではない」としている。

ハンコック氏は、国をまたいだ移動が安全になり次第、今回の措置を緩和すると述べた。

イギリスの状況

イギリスでは9日、新型ウイルスの新規感染者が1万2364人確認された。陽性判定から28日以内に亡くなった人は1052人で、これまでの死者は11万3850人となった。

一方、ワクチンの1回目の接種を終えた人は1260万人を超えた。

イギリスは現在、外国からの入国者には渡航方法にかかわらず、新型ウイルス検査での陰性証明の提示を求めている。また、英国民も含め全員に、入国後10日間の自主隔離を義務付けている。


新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 Travellers face £1,750 cost for quarantine hotels