岩田温(政治学者)

 受験勉強の弊害について批判されることが多いが、私は受験勉強には一定の意味があると考えている。若いうちに数学の問題を解いて論理的思考を養うことや、世界史や日本史の暗記によって記憶力を鍛えることには意味があると考えるからだ。将来、学力がそのままの形で活(い)きることは少ないかもしれないが、知性を鍛えておくことは無駄にはならない。

 そうは思いながらも、やはり受験勉強には弊害もあるというのが事実である。思想家の思想を極端に単純化し、有名な一節を諳(そら)んじるだけで思想家の全てを理解したと思い込む弊があるように思えるのだ。

 誤解の最たるものは福澤諭吉の言葉だろう。『学問のすすめ』は「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」との言葉から始まることは余りに有名だ。この一節を覚えただけで、福澤諭吉は単純な平等論者であったと結論付ける人たちが結構存在するのである。だが、福澤は『学問のすすめ』で単純に平等を説いたのではない。元来、平等に生まれた人間の中で差が生じるのは、畢竟(ひっきょう)、学問の差であり、それゆえに学問を為さねばならぬと説いたのだ。

 これほど極端な誤解はされていないが、思想家の思想の一部分だけが切り取られて理解されていることは多い。例えば、アダム・スミスと聞けば、主著は『国富論』であり、その思想内容は「神の見えざる手」によって、市場経済の万能性を説いたかのように思い込んでいる人も多いのではないだろうか。それぞれが我欲を追求しても、結果的には神が調和をもたらしてくれる。したがって、公益の追求ではなく、我欲を求めていればよいと説いた人物だと勘違いしている人も多いのではないか。

 確かにアダム・スミスは『国富論』の著者であり、市場経済の重要性を説いた思想家である。しかし、同時にスミスは『道徳感情論』の著者であり、人間における道徳を深く考究した思想家でもあったのだ。

NHK大河ドラマ「青天を衝け」完全読本(産経新聞出版)
NHK大河ドラマ「青天を衝け」完全読本(産経新聞出版)
 人間の多くが富裕な人々、有力な人々に感嘆し、崇拝する一方で、貧しく、力のない人々を軽蔑したり、無視したりする性向があることをアダム・スミスは指摘する。こうした人間の性向は身分の区別や社会秩序を確立することに必要であることを認めつつも、彼は、これらの性向が「われわれの道徳諸感情の腐敗の、大きな、そしてもっとも普遍的な、原因である」とも述べている。

 市場経済の擁護者といえば、「儲ければ勝ち」といった俗悪な拝金主義者であったかのように思われがちだが、アダム・スミスは人間における道徳の重要性を説いた思想家でもあった。

 市場経済の擁護者が道徳の研究者でもあったという事実は極めて興味深いが、わが国でも商業と道徳との両立を説いた資本家が存在した。渋沢栄一である。彼は名著『論語と算盤』において、何度も「論語」すなわち、「道徳」と「算盤」すなわち「商業」を両立させる重要性を説いている。