金子宗徳(国体学者)

 日蓮について、読者の皆さんはいかなる印象を持っておられるだろうか。

 彼が元寇を予言したというエピソードを思い起こす人や、あるいは創価学会を連想する人もあろうが、それらは日蓮という人物の一端でしかない。

それ国は法に依つて而(しこう)して昌(さか)へ、法は人に因つて而して貴し。国亡び人滅せば、仏を誰か崇むべき、法を誰か信ずべけんや。先づ国家を祈つて、須(すべから)く仏法を立つべし。

 これは、鎌倉幕府の前執権であった北条時頼に宛てた日蓮の建白書『立正安国論』の一節である。「法(仏教の教え)」と「国(国家・国民)」とが切っても切り離せないと考える日蓮は、仏教の正しい教えを確立すること(立正)によってのみ、国家・国民の安寧(安国)は可能になると説いた。

 こうした日蓮の思想は、いかにして形成されたか。それを知るには、その生い立ちをさかのぼらねばならない。

 承久4(1222)年、安房国長狭郡東条郷片海(現在の千葉県鴨川市)という漁村に一人の男児が生まれ、善日麿(または薬王麿)と名付けられた。この善日麿が後の日蓮となる。

 日蓮宗門下においてその誕生は2月16日とされており、この日に慶讃の法要が今でも行われている。生誕から数えで800年目にあたる本年は、コロナ禍で規模を縮小するものの、生家跡近くに建立された誕生寺(もとは生家跡に建立されたが、津波による水没のため現在地に移転)で大規模な行事がなされるという。

 数えで12歳となった善日麿は学問を志し、近在の山腹に建つ清澄寺で学問に励む。当時の清澄寺は天台宗の寺院であり、そこで仏教の天台教学を学んだのであろう。

 ここで、簡単に仏教と天台教学について略述しておきたい。初期の仏教における根本的な教説は、以下の「三法印」に拠っている。

1.諸行無常(あらゆる現象は不変ならざる(移りゆく)ものである)

2.諸法無我(あらゆる物事は因縁によって生じた実体性のない仮の存在である)

3.涅槃寂静(前二者を体得することによって煩悩を滅尽すれば悟りの境地に達し、心の平安を得る)

 ただ、これらは難解である上に、厳しい出家生活を送る必要があったため、それらを理解し、実践し得る者は少数であった。
「大日蓮展」用 誕生寺の日蓮聖人の幼な像。産湯を使った寺として知られる=千葉県天津小湊町(撮影・渡辺大輔)
誕生寺の日蓮聖人の幼な像。産湯を使った寺として知られる=千葉県天津小湊町(渡辺大輔撮影)
 かかる個人主義的な仏教の在り方に対し、他者の救済を通じて結果的に自身も救済されるべきと考えた者たちは、自らをサンスクリット語でボーディ・サットヴァ(菩薩)と称した。

 このような社会全体の救済を志向する集団は、同じくサンスクリット語でヒーナヤーナ(小乗=限られた人しか救い得ない乗り物)たる従来の仏教に対し、自分たちの掲げる仏教をマハーヤーナ(大乗=多くの人を救い得る乗り物)と称し、自派の優位性を主張した。