作家の甘糟りり子氏が、「ハラスメント社会」について考察するシリーズ。今回は、当面はくすぶり続けそうな森喜朗氏の女性蔑視発言問題について。

 * * *
 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長を辞任してもなお、森喜朗氏への批判が止まらない。あれだけの女性蔑視の発言をしたのだからもはや擁護のしようもないけれど、森氏への批判に対して「いじめ」だの「不寛容」だのという発言があると知って、これはまだまだ声をあげていかなくてはならないと思った。

 話が長い男性だっているし、話が短い女性だっているし、論議すべき議題があるなら話が長いのは非難されることでもない。あらかじめ根回しされた議題を形だけ会議にかけるのが習慣になってしまって、挙げ句に意見のやり取りを話が長いと感じるようになったのだろうか。

 森氏いわく「話の長い」ラグビー協会の女性委員に対して、JO Cの女性委員は「わきまえている」のだそうだ。「わきまえる」とは、すべきこととすべきではないことのけじめを心得ることで、その上には「身のほど」という言葉がよく使われる。つまり森氏の発言は、JOCの女性委員たちは自らを強く意見すべき立場ではないと自覚して、おとなしくしているとの意味に取れる。女性男性に限らず委員なら誰でも意見を持つべきだし、それを発信するべきだ。女性だからといって意見を引っ込めるのが美徳のような感覚は差別もはなはだしい。

 この発言一つからも、JOCの空気が手に取るようにわかる。私も何度か体験した。意見を持つだけで強い女扱いされ、うっとうしがられ、あれでは結婚相手が見つからないなどとからかわれる。強い女はかっこいいと思うけれど、強かろうが弱かろうが意見はあっていいのに。どうしてこんな普通のことを感じだけで「いじめ」で「不寛容」などという人が出てくるのだろう。
写真はイメージ(ゲッティイメージズ)
写真はイメージ(ゲッティイメージズ)
 Twitterでは、#わきまえない女というハッシュタグがトレンド入りした。もはや私たちはわきまえている場合ではないのだと思う。

 そんな中、日本オリンピック委員会理事の山口香さんが声をあげた。インタビューを受け、大変恐縮ですけれど、と前置きした上で、「森会長が自ら外れていただけたら、五輪に希望が残る」といった(恐縮なんかする必要などないはず)。これに続く関係者はいないのだろうか。もちろん続くのが女性である必要はない。むしろ男女ともに続く人が現れれば、日本の男尊女卑のイメージを少しは変えられるのではないだろうか。ジェンダーギャップ指数121位の日本のイメージを。