金子宗徳(国体学者)

 東京都は西部に位置する西東京市。この地域は、青梅街道の旧宿場町で西武新宿線沿線を中心とする田無市と、もとは農村で西武池袋線の開通を契機に住宅開発が進んだ保谷市とが平成13年に合併して誕生した、比較的新しい自治体である。

 この西東京市では、合併直後に行われた市長選挙で旧田無市長の末木達男氏と旧保谷市長の保谷高範氏が争ったり(そのほかに2人が立候補して計4人の選挙戦となった)、市役所の庁舎が2カ所に分かれていたりと、かつては旧市単位の対抗意識が強かった。けれども、20年を経て徐々に融和が進んできた。

 その西東京市において、去る2月7日に6回目の市長選が行われた。現職の丸山浩一市長(73)は出馬せず、後継者として副市長の池沢隆史氏(61)を指名。

 その池沢氏を自由民主党や公明党が推薦する一方で、立憲民主党や共産党、東京・生活者ネットワーク(リベラル系の地域政党)が擁立したのが、左派系無所属の元逗子市長、平井竜一氏(54)である。

 市区町村の首長経験者が都道府県の知事選に立候補する事例は少なくないけれども、平井氏のように、他の市区町村の首長選に立候補する事例はほとんどない。首長として自治体行政に携わるにあたっては、当該市区町村で日常的に住民との対話を重ね、地域の実情を熟知することが必要と考えられてきたからだ。

 もっとも、自治体行政の責任者としては特定の支持者にばかり目を向けることは許されず、課題を見いだすためには先入観にとらわれない広い視野が必要である。

 そういう識見を有する人物が各自治体の内部にいればよいが、もしそのような人物を自治体内部に見いだせない場合、行政運営のノウハウを生かすべく他自治体の首長経験者をヘッドハンティングするという発想はあり得るだろう。
西東京市長選に勝利し、支援者らとバンザイする池沢隆史氏=2021年2月7日、同市(橘川玲奈撮影)
西東京市長選に勝利し、支援者らとバンザイする池沢隆史氏=2021年2月7日、同市(橘川玲奈撮影)
 今回、革新・リベラル派にヘッドハンティングされ、逗子市から西東京市に移住した平井氏が立候補を正式に表明したのは昨年11月26日。投票日まで3カ月足らずの時点であった。

 それまでにも支援者から地域の課題について説明は受けていただろうが、わずか3カ月ほどで地域の実情を把握するのは容易ではない。しかし、平井氏は住民と対話を重ねる中で支援者を増やし、街頭で少なからぬ数のポスターを見かけるに至った。