2021年03月03日 17:32 公開

パレスチナ人の女性DJが昨年、ヨルダン川西岸にある神聖なモスク近くでのテクノ・パフォーマンスをめぐり、一時拘束された。数週間後には法廷での審問が予定されている。

「テクノ・クイーン」としても知られるDJサマ・アブドゥルハディは、神聖な場所を汚したとしてパレスチナの警察に逮捕され、8日間勾留された。この逮捕について、複数の人権団体から批判の声が上がっている。

当時の状況や、審問を控えた現在の思いを、DJサマがBBCに語った。

リポーター:トム・ベイトマン