2021年03月08日 17:48 公開

世界的に有名なロシア・マリインスキー劇場のバレリーナがチュチュを着て、チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」に合わせて優雅に舞った。それも氷点下15度の中、凍ったフィンランド湾の上で。

バレリーナのイルミラ・バグラウティノワ氏は、新たな港の建設計画にユニークな方法で抗議した。

ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの西約100キロに位置するバタレイナヤの人気のビーチで踊る様子を動画で撮影し、インターネット上に投稿した。

フィンランド湾には白鳥が巣作りのためにやって来ることから、白鳥の湖を踊るアイデアが浮かんだという。

バグラウティノワ氏は、自分のパフォーマンスが本物の白鳥たちを救う一助になることを願っていると、BBCロシア語のエカテリナ・ヴェネディクトワ記者に語った。

ビデオ製作:カテリナ・キンクロワ