2021年03月10日 18:18 公開

フィリピンの首都マニラに近い沖合いで、サンゴ礁が個人防護具(PPE)に覆われている。

アジア開発銀行の推計によると、マニラでは新型コロナウイルスのパンデミック以降、通常よりも医療ごみが1日当たり280トン増えているという。

環境保護団体は、使い捨てマスクに使われているプラスチックが壊れ、海洋生物がそれを食べてしまっていると指摘する。活動家らはフィリピン政府に対し、医療ごみ対策を改善し、海洋汚染を防ぐよう呼びかけている。

BBCのハワード・ジョンソン・フィリピン特派員が、アニラオ・スキューバダイブセンターのダイバーの調査に同行した。

アニラオ・スキューバダイブセンターは、東南アジアで持続可能なマリン・ツーリズムを推進している国連環境計画のグリーン・フィンズに参加している。

動画制作:ハワード・ジョンソン、ヴィルマ・シモネット 追加カメラワーク:マーク・バディオラ、ジョジョ・D・ロントク