2021年03月19日 12:49 公開

米ジョージア州アトランタ周辺のマッサージ店3カ所で発砲が相次ぎ、8人が死亡した事件を受け、首都ワシントンではアジア系アメリカ人へのヘイトクライム(憎悪犯罪)に対する抗議デモが行われた。

死者のうち6人はアジア系女性だった。地元警察は動機についてまだ特定できていないとし、人種が動機に関係しているのかも確認できていないと説明しており、警察のこの姿勢についても国内で批判の声が上がっている。

人権擁護活動家などは、新型コロナウイルスの流行に伴い、アジア系アメリカ人への人種差別的な攻撃が増えていると指摘している。

国連も昨年、アジア系アメリカ人に対する人種差別的な暴力や憎悪犯罪が「憂慮すべきレベル」で増えていると報告した。

動画:シンヤン・ユー、ザオイン・フェン