2021年03月23日 13:18 公開

米コロラド州の警察によると、ボルダー市の食料品店で22日、乱射事件があり、警官1人を含む10人が死亡した。数時間にわたり店内に立てこもり発砲を続けた容疑者は、負傷した状態で手錠をかけられ連行された様子。

ボルダー市内の「キング・スーパース」マーケットで現地時間午後2時半(日本時間23日午前5時半)ごろ、男が店内に入り発砲し始めた。事件の様子は目撃者が動画配信サイト「ユーチューブ」などで実況した。

事件発生から約20分後、ボルダー警察が発砲事件の発生をツイート。その2時間後にも警察は、現場周辺を避けるようツイッターで呼びかけ、警察の動きが犯人に知られないよう「目撃した作戦状況をソーシャルメディアで発信しないように」と強調していた。

警察の要請とは裏腹に、通行人が現場近くにいる被害者を撮影した動画がソーシャルメディアに投稿された。

撮影した男性が「どうなっているのか分からない(中略)銃声が聞こえた。誰かが倒れている。発砲している人間がいる。離れろ」と叫ぶのが聞こえる。

この男性が走って離れる最中にも銃声が聞こえ、さらに警察が現場に到着して市場を包囲する様子も映っている。

また、空からの映像では、上半身裸とみられる男が手錠をかけられて連行されていく姿が確認された。


ツイッターでは、コロラド州のジャレッド・ポリス知事が「この悲劇の概要が明らかになるに伴い、この悲しみの時に、同じコロラド州民と共に祈る」とコメントした。

ボルダー市警のマリス・ヘロルド本部長は記者会見し、拘束した容疑者は病院で手当てを受けていると確認した。

本部長はさらに、死亡した警官はエリック・タリー警官(51)で、2010年からボルダー警察で働いていると説明した。

https://twitter.com/boulderpolice/status/1374200720350580741


「発砲の通報があり、ライフル銃を持った人物がいる可能性も報告される中、タリー警官は勇敢に反応し、真っ先に現場に到着し、そして撃たれて死亡した」のだと、本部長は話した。

一方で、事件の詳細については明らかにせず、捜査は「非常に複雑」で、完了までに「最低でも5日はかかる」と述べた。

また被害者の身元については、家族などへの連絡が終わるまでは公表しないとしている。

ツイッターでは、コロラド州のジャレッド・ポリス知事が「この悲劇の概要が明らかになるに伴い、この悲しみの時に、同じコロラド州民と共に祈る」とコメントした。

ホワイトハウスによると、ジョー・バイデン大統領は事件について報告を受けている。

バイデン大統領は2月、銃火器購入の際の身元確認を厳格化する法律の策定を望んでいると話していた。

(英語記事 Gunman kills 10 in Colorado market shooting