日本人の技術力がもたらした皮肉な運命とは?


 ただし、日本海軍が昭和16年(1941)の開戦後、大和と武蔵を的確に運用できず、活躍の場を与えられなかったのは残念ながら事実です。

 軍事力を整えるにはハードウェアと然るべき運用法の双方が必要不可欠です。しかし、日本海軍にとって誤算だったのは、戦艦を航空機主役の時代にいかに用いるか、その戦略を研究し始めた矢先に戦争が始まったことでした。

 また、当時の海軍には明治時代のように実戦経験を持つ人間はごく僅かであり、戦艦大和、武蔵という「名刀」を使いこなす「名人」はついに現われませんでした。一方のアメリカは戦艦を、島嶼攻撃での上陸前の砲撃や、空母の傍で防空艦として用いるなど有効な活用法を検討し続けており、運用面で日本に先んじていたといわざるをえません。

 ただ、開戦直後の大和竣工は、ある意味で、日本の技術力が招いた結果といえます。そもそも大和の竣工予定は昭和17年(1942)の夏でしたが、日米決戦間近の空気から、海軍は半年ほど工期を縮めて大和を就役させました。それを可能にするだけの現場の力が、日本にはあったのです。

 かくして日本は「虎の子」である大和の存在を後押しに開戦に踏み切るのですが、もしも計画通り、大和が昭和17年夏の竣工で、それまで開戦を待っていたら、どうなっていたか…。おそらく欧州戦線におけるドイツの劣勢が伝わって、ドイツの勝利を前提としていた対米開戦の考えは成り立たず、日本は開戦を躊躇し、また大和型戦艦の運用方法の研究も進んでいたはずです。

 驚異的な工期短縮を実現した現場の力が、大和型戦艦と日本のその後の運命を決定づけたことは、皮肉としか言いようがありません。