個人的な想い、解説はここまでにして、これからが本題。

 今年の紅白に対して、懐メロだらけだとか、メドレー大杉じゃないかとか、なぜこの人がという批判がある。

 昨日もBLOGOSを見ていたら
というmediagongから配信された、矩子幸平さんの記事が掲載されていた。

 タイトルが全てを語っているが、前述したようなよく見られる批判を代弁したものであるといえる。そのピュアな問題意識には同意しつつ、また数年前なら私もこんなことを言っただろうな(実際、書いていたような気がする)と共感というか、同情する。

 とはいえ、こういう批判自体がちょっと違うのではないかと考える。要するに、日本の音楽シーンが変わっているのであって、それを紅白が反映している、むしろ過激なまでに先取りしているということなのではないかと私は見ている、悲しくなる部分を含めて。

 今年の紅白のテーマは

ザッツ、紅白!

ザッツ、日本!

 うん、皮肉にもこれが紅白だし、今の日本なのだよ。

 以下、手短に論点を述べよう。

・紅白はその年のヒット曲「だけ」を紹介する場ではない。「代表曲」を紹介する場でもある。すでに演歌、ポピュラーなどは20~30年前からそうなっていた。
・ポップスの売れ方もド定番化(演歌化とも言う)。90年代後半にCDの売上はピーク。ネット配信に完全に置き換わるわけでもなく。ライブは伸びる。音楽の定額配信サービスは定番化をおしすすめる?新曲も出るが、定番で盛り上がる音楽シーン。
・新曲チャートは、ぱっと見はAKB、ジャニーズ、EXILEのファミリーだらけ。もっとも、これらを取り除いてチャートを作れば印象は変わるのだが、それが届きにくい。
・音楽の志向はベタベタ、コテコテの定番と先鋭化したものに多極化。
・やはりAKB、ジャニーズだらけに見えるが、これもまた現実(ただ、より多様なアーチストを紹介してほしいものの、一方、テレビに、紅白に出てくれる人たちのお祭りというのでもある)。
・演歌の大御所が減ったのは大きな変化。40代以下を意識したつくりになっている?
・メドレーは楽しむためにも便利。まさにDJがウケるのと同じ理由かも。
という点において、今の音楽シーンを反映したものだし、これはこれで「国民的な音楽番組」なのではないかと思う。いま、紅白に出る人たち、見る人たちの利害関係を調整したならば。ナウなヤングでライブ志向の子たちはカウントダウンジャパンに行ったりするわけで。

 参考までに次のような記事を参照して頂きたい。

AKB商法を実は非難できないこれだけの理由 視聴形態が多様な時代の音楽チャートを考える | 「若き老害」常見陽平が行く - 東洋経済オンライン
出版不況でも売れまくる!新興音楽誌の正体 新創刊で一気にブレーク、「ヘドバン」人気の秘密 | 「若き老害」常見陽平が行く - 東洋経済オンライン
若者の音楽離れはウソ?中年はカモ! いまこそ「新曲不要論」を提唱しよう | 「若き老害」常見陽平が行く - 東洋経済オンライン
就活テーマ曲ランキング…就活生はいつまで『負けないで』に励まされるのか問題 | しらべぇ
【コラム】売れるのはAKBと嵐だけ?あいつらを除いたヒットチャートを作ってみた | しらべぇ

 というわけで、悲しい部分、呆れる部分も含めて、これはこれで、一生懸命国民的音楽番組を成立させようとしていると思うのだ、NHK紅白歌合戦は。うむ。