もはや新興宗教!9条信奉者の異常


 天皇が国家元首と定められなかった理由や、理不尽極まりない9条が定められた原因、日本国憲法が制定された経緯など、日本人は現実をしっかり認識すべきです。

 日本との戦争で、米国は本当に苦戦しました。全体的な戦略には首をかしげざるを得ませんが、日本軍は戦闘では本当に強かったのです。米国が勝つには勝ちましたが、米国の打撃もまた甚大だった。恐怖すら覚えるほど日本は屈強だったのです。

 GHQは日本の憲法の原案を短期間で作り上げました。そのさいも日本を二度と米国に刃向かわない国にする意図が、根底にありました。

 米国は天皇の処罰を行わず、象徴として残しましたが、元首にはしなかった。天皇の下で日本人がもう一度結束するのは避けたいが、占領統治のためには天皇の権威を利用したい。「象徴天皇」とは、GHQの妥協の産物です。それが日本国憲法の、元首の定めがないという致命的欠陥として残っているわけです。

 9条で軍事力を奪ったのも同じ理由です。護憲派のなかにはこれを崇高な規定だと固く信じる人もいます。

 例えば、「9条というのはあらゆる事態にも決して武力に頼らずに万事平和的な交渉だけで国際紛争を解決できる、理想的な国家にしようと考えた規定だ」とか、「日本のやり方が世界中に広がっていくよう世界中の憧れの的にしよう」とか、「憲法9条を世界遺産にしよう」というのもありました。妄想もここまで来ると、怪しい新興宗教の教義のようです。

 米国人の一人として断言します。現実はそんなことでは決してありません。ただ単に、日本を弱い国にしたいから9条を作ったのです。簡単にいえばペナルティ、制裁です。

 もっと言えば、9条とは、強すぎた日本から男性器を去勢した「宮刑」です。それ以外の何でもありません。早く目を覚まして下さい。

自衛官って何者ですか?


 9条はあまりにも世界の現実を無視した実験的規定でした。新憲法制定直後から米ソ冷戦が深刻さを増し、朝鮮戦争が勃発します。米国も「これはまずい」と気が付いて方針を180度転換します。9条を無視しろと言い出したのです。まだ占領下ですから吉田茂首相(当時)は米国の方針に抵抗できず、警察予備隊ができました。今日の自衛隊の前身です。

 今でも9条の文言を気にして、自衛隊は軍隊ではない、自衛のための必要最小限度の実力組織だなどといっていますが実質は軍隊です。装備や訓練は軍隊と寸分変わりません。私は意地悪で言っているのではありません。私に言わせればおかしいのはむしろ、日本は軍隊を持ってはいけないと規定する9条なのです。

 先日、安倍晋三総理大臣が、自衛隊を軍隊と発言して大騒ぎになりました。とても不思議な光景でした。「自衛隊が軍隊でない」というなら、憲法に定められた「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」(66条)いう規定もおかしいという話になります。

 文民とは、軍人でない人のことです。ならば、軍隊が存在しないこの日本国のどこに軍人がいるのでしょうか。自衛隊員はいても軍人は存在しないはずです。自衛隊の発足すら予定していなかった憲法に、なぜ文民規定があるのでしょうか。

 日本国憲法は、軍隊の存在を半ば認めているからこういう規定が設けられたと解釈することも可能です。政府見解によると、自衛官は文民ではないそうですが、自衛隊が軍隊ではないのなら、自衛官は軍人ではないはず。そして文民でもないとすれば、自衛官とは一体、何者でしょうか。