沖縄米軍基地についてクリミアで協力依頼?


 高まる一方の鳩山非難をよそに、ツイッターやネット掲示板で盛り上がる日本国内の反応を見る限り、ポクロンスカヤ氏に焦点を当てた宣伝作戦は成功しているように思える。

 ロシアではいま、対露制裁を科す欧米諸国内でも、ロシア寄りの政治家や有名人の発言は大きく取り上げられる状況にある。ロシアが経済的な苦境を極める中で、その傾向はますます顕著になっている。欧米に賛同者がいることを示すことで、プーチン政権の失態をうやむやにし、不満を抱くロシア国民の溜飲を下げる意味合いがある。

 プーチン政権が統制下に置く主要メディアが取捨選択して、今回の鳩山氏の言動をどう報じたかを見れば、ロシアがいま何を欲し、外国からどう見られたいのかがわかる。いくつか紹介したい。

「自分の目で見る。日本の元首相、クリミアへ到着」「日本の元首相:西側のメディアはクリミアについて一方的な情報しか与えない」(露国営紙ラシースカヤ・ガゼータ)

「日本の元首相、クリミアの人々の暮らしぶりについての真実を日本国民に伝えるのを約束する」(全国放送NTV)

「鳩山元首相『クリミアの人々は自分たちをロシアの一部と認識』」(ラジオ局ロシアの声)

「日本の元首相:クリミアの住民投票は住民の現実の意思を反映している」(ロシア・トゥデイ)

「日本の元首相は、クリミアの通りで戦車も貧困な人たちも目撃していないと言った」(タス通信)

「日本はクリミアの発展に大きな貢献をすることができる-鳩山由紀夫」(露誌論拠と事実)

 特に、ロシアと敵対する米国を批判する論評は強調されるきらいがある。鳩山氏は今回、クリミアで行われた記者会見で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について「米国政府の強い影響下にある」安倍政権が沖縄県に圧力をかけて強引に実現しようとしていることを強く批判してみせた。

元首相クリミア訪問の関連記事で、一時的に菅直人氏の写真を「鳩山由紀夫氏」と伝えたロシアの国営通信社・タス通信。見分けがつかなかった?
元首相クリミア訪問の関連記事で、一時的に菅直人氏の写真を「鳩山由紀夫氏」と伝えたロシアの国営通信社・タス通信。見分けがつかなかった?

 鳩山氏は会見で「沖縄にこれ以上、米軍基地を作らせないようクリミアの方々にも協力して欲しい」と語ったが、この発言が辺野古移設問題になじみがないクリミアで報じられるのは異例なことだ。鳩山氏が米国の政策に反発する日本の政治家の1人であることがこうした報道の背景にある。

 ロシア社会に影響力を持つロシア国営放送は鳩山一家とロシアのつながりをクローズアップし、鳩山由紀夫氏のことを「日本社会に迎合しない自立した政治家」と紹介して見せた。「宇宙人」とは真逆の肯定的な見方としては、確かに言い得て妙だ。

 鳩山氏は訪問の最後で、「多くの国民は、間違った情報のもとに洗脳されてしまっている。洗脳された意見というものを変えることは簡単ではない」と語り、自分の目で見たクリミアの真実を語ることを誓ったが、実の弟に「兄は少なくとも日本人ではなくなった」と言われてしまっては元も子もない。

 果たして、ロシアから帰国した後、鳩山氏は何を語るのだろうか?